FC2ブログ

パワーバランスの調整「朝政」

平成30/03/28(水)  金正恩,北京に乗り込む!
北京は最大級・細心の配慮
この号外の文章には非常に重要な示唆が…
KimJongun2PKN
上の画像をクリックすると,拡大図が別窓で見られます.(原典)
上の産経新聞の号外は,全文引用のつもりで載せた.
全文を読んだうえで,末尾のこの文章に御注目いただきたい.
「朝鮮戦争を通じた中朝の『血の友誼(ゆうぎ)』を強調した…」

この部分は(ワシに言わせれば)習近平の中国が金正恩に完全降伏!とも言える文章なのだ.

というのは…,中朝の間には,以下のような事情をがあるからだ.

先ず…
北朝鮮が他国に攻撃された場合,中国が北朝鮮を防衛するのは,『中朝友好協力相互援助条約』に基づいた法的義務なのだ.

そのために中国は,中国最強・最大の『瀋陽軍区』に,北朝鮮防衛の義務と訓練を負わせてきた.

ところが!習近平は,『北朝鮮防衛の義務』を軽視し,また,『瀋陽軍区』の規模縮小を全力で行ってきた.

習近平国家主席のこのような仕打ちに,金正恩の北朝鮮と『瀋陽軍区』は激怒し,対抗姿勢を露わにしてきた.

ところが!平昌五輪を契機に,金正恩はトランプや文在寅,さらには安倍晋三にまで歩み寄る姿勢を見せ始めた…

こういうアジア政治の勢力地図の激変状況を見て,焦りに焦りまくったのは,習近平だった.

その証拠は…
➊中朝間の『血の友誼』である『中朝友好協力相互援助条約』を,今さらのようにワザとらしく持ち出したこと.

➋中国側から歩み寄って,金正恩の“御料列車”を特別待遇で北京にお迎えし,徹底した報道管制を敷くなど,最大級・細心の配慮を為すに,習近平は大わらわ!

以上のことを簡単に言うと…
『習近平は,金正恩に完全降伏した!』となる.

「魔坂!」と思われる方…
ここは,飯山一郎を信じるか? 信じないか? どちらかです!www
飯山 一郎 (72)
PS 「金正恩の北京滞在中の警護要員には,ロシアが派遣した専門要員がゐた」という情報もある.(参考記事)


アジアのパワーバランスが崩れると
ネオコンが息を吹き返し
あっちこっちに分断工作員を仕込む隙を与えてしまうから
中国さんは、ちょっと遠慮してもらって
ここらへんで「柔和路線」を
醸し出しておいてね♪

巨大アジア圏の大きな流れ

中国と北 北朝鮮と南朝鮮(韓国) ロシアと北
どんどん一体となってきています

そして日本というのは
ネオコンの植民地でしたが
ネオコンを追い出したので

ネオコン抜きでダメリカと新親米を築くべく
トランプ政権を応援し

世界丸ごとネオコン抜き新世界秩序を
作り上げていくのです


中国には上海や香港など
ネオコンの草がまだまだ入り込んでいて
中国一強になると
ダメリカにいたネオコン菌が
中国で大繁殖するかもしれないから
中国に釘を刺しておかないといけなかった

まあ、こんなかんじでしょうねー

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか