子宮頸がんワクチンの原因 子宮が汚い




ウイルスは洗浄で除去を

表面のみの感染なのに、体内に「長期にわたる安全性が不明なアジュバント」を含む異物を注入し、前身の抗体を活性化して取り除く事が感染を防ぐ唯一の方法かという疑問が生じます。

私たちは手が汚れたら手を洗います。インフルエンザで鼻汁やくしゃみが手についたら、まず手をよく洗います。子宮頸部の感染の場合も、ウイルスを物理的に取り除くことで除去できると考えられます。

将来にわたっての効果の不明なワクチンを、体に負担を与えてまで接種することは最善の手段ではありません。私がお勧めしている抗ウイルス作用のある生薬(たくさんあります)で洗浄するのならば、副作用がなく、ウイルス感染が起こってからでも可能です。頸がんは衛生状態向上すると少なくなるので、水で洗うのもいいかもしれません。洗浄ならば今回のワクチンのようにまだ性経験のない子どもに頸がんの予防と言って接種する必要はなく、性行動を始める頃、性教育を実施してからでも遅くはないのです。

https://www.rei-takeda.jp/vaccine


だから、洗えばいいだけの話なのです。

それをせず、啓蒙せず
ひたすら化学物質まみれの洗剤をCMで流し
防腐剤まみれの食品を「安全」だとのたまい
体中の常在菌が減り、汚くなる一方。

とことん汚くしておいて、
雑菌うようよで、子宮内イボがでっかくなり
子宮頸がんといわれるこぶができます。

そうならないように、
洗えばいいんです!!!

昔の人は、へちま水で洗っていた!

という、インチキ科学以前の当たり前の話に
ようやく戻ってきた昨今。

ネオコンの資金源、現代科学マルチマガイビジネスは
どんどんジリ貧ですね。
ばかだからね。

中国4000年の歴史に対抗しても、
たった100年でボロがでましたね。


あぁ、うざかった!w

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか