FC2ブログ

トランプと喜劇な冒険

平成30/03/09(金)2  歴史は繰り返す.悲劇・喜劇・剣劇・新国劇…
チャンバラ抜きの新国劇
新国劇の舞台から外された者たちがゐる
5月
SPUTNIK
トランプ氏、金正恩と5月までに会談へ
『スプートニク』 2018年03月09日 https://sptnkne.ws/gVsP
米国を訪問中の鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台(チョンワデ)国家安保室長は8日午後(日本時間9日午前)、ホワイトハウスでの記者会見で、トランプ米大統領が朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金正恩朝鮮労働党委員長と5月までに会談すると発表した。
発表によれば、金正恩氏がトランプ氏に訪朝を要請する招待状を送った。
きょうの標題(タイトル)は,意味深なのだが…
ワケワカメの方に補足説明すると…
つねに戦争の危機を孕んでいた米朝関係が,本日から“剣劇”(チャンバラ,ドンパチ)抜きの“新国劇”(ドタバタ劇)に移行したというコトです.

さて…,「最大限の圧力に疲弊した北朝鮮が,やむなく平和外交に追い込まれた」という評論は,マトはずれ.

というのも…,北朝鮮主導の今回の南北和平劇のシナリオは,昨年の10月には「朝鮮半島情勢を激変させる!」という金正恩の脚本どおりに進んできたのであって,それは昨年11月のICBM発射実験大成功で確定路線になった!という経緯があるのだ.

いっぽう,日米首脳は「最大限の圧力と制裁!」を言い続けないと,ネオコン軍産の戦争屋による突発的な軍事行動を抑えられないワケで…,「最大限の圧力!」という言葉の字面に拘っていると,政治家の本音が読めない!ということなる.

案の定,トランプは(言葉は強硬だったが)「米朝会談OK!」と即断即答.

これは安倍晋三も同じで,口では「対話などは除外!最大限の圧力!」と言いながら,平昌五輪の夕食会の席上では,自分から北朝鮮の高官の席に歩み寄っていって,「対話」をしている.

問題は,この後だ.
こんな取ってつけたよ~な「南北融和」「米朝首脳会談」なんぞに,ネオコン軍産の戦争屋勢力が黙って見ていられるかどうか?だ.

しかし,今回の“新国劇”は…,米国ネオコン軍産の戦争屋勢力を排除した上で,ウラでは,金正恩・文在寅・トランプ・安倍晋三・プーチン,この5人は阿吽の呼吸でツナがっている.

ここにきて,世界とアジアの歴史は次なるステージを目指している!
こ~ゆ~視点を持つ者だけが世界の行方を見透かせる!と.
飯山 一郎 (72)




ネオコン撲滅大作戦!
笑う門には福来る!
世界が列車で繋がる日は近い!

いぇーーーいw


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか