FC2ブログ

放射能をばくばく食べちゃう微生物がてんこもり!


「原子炉のたまっている水の中に生物の姿が!」フクイチ内の高線量に耐えて発生したのは…

3/5(月) 6:00配信

週プレNEWS

「たまっている水の中に生物の姿が見える」原子炉内の映像を見た専門家はそう言った。

フクイチに新たなる事態が発生。その真実に迫った!

* * *

「なんだ、あのマリモみたいなものは?」「大至急、あの水を調べさせてほしい!」

東京工業大学地球生命研究所特命教授の丸山茂徳氏は、フクイチ(東京電力福島第一原子力発電所)の原子炉格納容器内の映像を見てそう叫んだという。

「昨年から公開されている原子炉内の映像を見て、実に多種多様な生命体がいることに驚きました。しかも、活動しているのは目に見えないミクロン単位のバクテリアや細菌だけでなく、藻類や動物・植物性プランクトンなどミリ単位の多細胞生物が繁殖している可能性が高い。

水中のあちこちに沈殿した泥土や水あかのような物質、2号炉の水没した部分に広がる黒や深緑色のシミなども事故由来ではなく、生命活動によって発生したものでしょう。2、3号炉の金属部分の緑色や、平面に付着した黄土色とオレンジ色の物質は藻類などの群集体でバイオフィルムとも呼ばれています。これは自然界では河原の石などに付着し、好物のミネラルや金属イオンなどを栄養にしながら成長し続けるのです。

1、2、3号炉すべての水中に漂う半透明の物質も、おそらくバイオフィルムの剥離片や生きたプランクトンでしょう。これは水の対流に乗って浮遊しているように見えますが、もっと念入りに観察をすれば、自立して泳ぐ生物が見つかるかもしれません」

今年1月に調査した2号機格納容器底部の放射線量は毎時8Sv(シーベルト)。人間なら1時間で死亡してしまうほどの高線量だ。これだけの高線量の中で、生物が生き延びることはできるのか。

琉球大学理学部の環境放射線学者、古川雅英氏が語る。

「放射能への耐性は、生物によって非常に大きな差があります。今のところ地球上で最強の放射線耐性が確認された生物は『デイノコッカス・ラディオデュランス』という細菌です。

この細菌は20世紀中頃に放射線照射で食品や医療器具などを殺菌消毒する研究過程で見つかり、毎時5000Gy(グレイ、ほぼ5000Sv)の放射線をものともせず、1万5000Gyでも約4割が生き延びるそうです。放射線を浴びれば、ほかの生物と同じく、一時的に遺伝子が破壊されますが、すぐに修復する特殊能力を備えているのです」

こうなると、フクイチの原子炉内に放射線耐性のある生物がいてもおかしくない。

◆マリモのような生物の正体は? フクイチは事故以外にも重要な出来事を抱えているのか? この続きは『週刊プレイボーイ』12号(3月5日発売)にてお読みいただけます。

(取材・文/有賀 訓 写真/時事通信社)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180305-00100773-playboyz-soci


「遺伝子組み換え兵器」完全終了に向けて


微生物叢を活用したビジネス最前線 3.19開催

(2018.01.22 15:10)

 ヒトの腸内や肌、口腔内などには常在菌が存在しており、それらの乱れが健康状態に関わることが明らかになってきました。そうした状況を受け、微生物叢を解析し、創薬や食品開発、検査などへの応用を目指す動きが加速しています。

 日経バイオテクでは、ヒトの微生物叢を切り口として、製薬や食品、検査、化粧品、農業関連などの分野における事業開発の可能性を探ります。また当日は、実際に微生物叢を活用した事例に基いた解説とともに、将来を展望をします。

https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/info/sl/18/01/19/00061/



まあ、放射能を食べる微生物がいるってのは
日本以外のまともな「アカデミズム」では
常識レベルなんだけれども
日本のクルクルパー文科省と
取り巻きのバカデミズムは
一切認めてこなかったわけで(爆w)

放射能という放射線を大量に吐き出す
放射性ミネラルを「エネルギー源」にして
どんどん成長していく微生物は
地球上のどこにもいるのです。

微生物のエネルギーとして消費された放射能は
どんどん軽くなって、つまり崩壊をくりかえし
最後はかるーいミネラルになって
人間にとっての「無害化」状態になっていく。

これ、言っておくけど
日本以外のまともな科学の世界では
当り前の常識だから。

だから、発酵食が放射能対策になるのは
ごくごく自然なことなんだけれども
これを本に書いたきのこちゃんは今
東京地方裁判所にて
「凶悪犯罪者 テロリスト 詐欺師」扱いされています。

印税は入らず、あげく、出版社そのものが倒産。
みんなは、ぎのごちゃんが、印税でどうにかなってると思ってた?
まあ、心配してもらうと重いので黙ってただけなのですが。


あれからずっと黙っていたのだけど
実は東京地方裁判所のネオコンと
大激戦中だったのです。

なにげに凄いでしょ、ぎのごちゃんwww

くそヘタレ兵庫県警も
へなちょこ神戸地方検察庁も
末端たちは、ぎのごちゃんにボロカス書かれつつも
何とか頑張ってくれたんだけれども

ぎのごちゃんを潰そうとしてした本体は
ネオコン裁判所そのものなのです。

そりゃ、末端おまわりも検事も
手も足も出ないワケなんすわー。

その担当裁判官だって
上の方から命令されてやってるわけで。

裁判所の中の人

あぶります。

裁判所の中のゲイブリーフ連合をあぶります。

捏造朝日と略奪財務省とともに
あぶります。

崩壊させます。

ロシアとあべちゃんがwww








“目に見える”放射性物質の粒、福島の川で確認

3/7(水) 12:14配信

TBS News i

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 福島第一原発の事故からまもなく7年。福島県内の川で目に見える大きさの放射性物質の「粒」が確認されていたことが分かりました。「セシウムボール」と呼ばれるこの粒子、その正体とは・・・

 東京大学で行われていた「ある物質」を探す作業・・・
 「あります。あった」

 見つかったのは肉眼でもわずかに見える小さな粒でした。拡大して見てみると、ガラス質の物体の姿が現れました。実はこれ、福島第一原発の半径5キロ圏内にある土から見つかった「セシウムボール」です。溶岩のようなもの、丸いもの、細長いものなど形は様々です。

 原発事故では大量の放射性セシウムが放出されました。セシウムは水に溶けやすく、環境中で徐々に薄まっていくと考えられていました。しかし2013年、研究者も想定外の水に溶けにくいセシウムが粒子の形で見つかったのです。最初に丸い形をしていたことから「セシウムボール」と呼ばれています。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180307-00000040-jnn-soci


あらゆるものが大爆発で飛び散ったのに
「ベント」による放射性蒸気の排出だけで
個体は飛び散っていないと
言っていた「菅内閣」に
今更ながら唖然とするわ。

そもそも、放射性蒸気こそ
肺から吸い込まれると
最も危険なんだが。

半径50キロ圏内の子どもたちは
大量に吸い込んでしまった可能性が高い。

こんな国知らない。


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか