困った時の噴火頼み?!

平成30/03/07(水)2  朝日新聞と財務省を闘わせる政治力
菅義偉官房長官,森友文書 「与党の指摘、要請を踏まえて財務省に対応させる
Suge
記者会見する菅官房長官
=3月7日午前、首相官邸
菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で、学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却に関する財務省の決裁文書が書き換えられた疑惑があるとの朝日新聞報道に関し「国民はもちろん、国会、与党にも理解が得られるように対応する必要がある。与党の指摘、要請を踏まえ、財務省にしっかりと対応させたい」と述べた。(記事)
ワシは前稿で,「またもや朝日新聞がデッチ上げている『森友文書の改竄騒動』は,財務省による官僚支配に“蟻の一穴”を穿つぐらいの効果はある」といったコトを書いた.

案の定,菅義偉官房長官は,真剣だ.
安倍内閣打倒に執念を燃やす朝日新聞が,またもや「安倍打倒」を狙って,証拠もなしに「森友文書の“書き換え”(改竄)」をデッチ上げてきた騒動を逆手にとって,財務省叩きに攻撃の方向を変えようと真剣だ.

ワシが,朝日新聞のヤリ方を「デッチ上げ!」とまで言うのは,「証拠もなしに」ヤッているからだ.

「証拠もなしに」というのは…,公式文書の“書き換え疑惑”(改竄)を新聞社を挙げて“喧伝”するのに,朝日新聞記者が「確認」したという問題文書自体を画像などで開示しないからである.

朝日新聞は「疑惑!疑惑!」と,いたずらに疑惑と疑念を煽るが…,ネオコン直伝のカラー革命を狙っているだけの新聞屋でしかない!と断定しておく.

それにしても,今の政府は古武道術師のように強か(したたか)だ.

問題の文書を出すの出さないのと,「疑惑」の火をウチワであおぐようにして火の勢いを高め,その火勢を総理官邸ではなく,財務省の方角に向けてしまった.したたかである.

ここで他に目を転ずれば…
『新燃岳7年ぶりの爆発』は,不吉な予感がする.

新燃岳の爆発の噴煙を見れば…
今回の爆発が地下のマグマ溜まりのガス抜きか? あるいは,地下での水蒸気爆発が引き金であって,大規模な地殻変動が起こっていることは考えにくい.

それよりも,火山の大規模な爆発が国家社会の他の分野に良くない波動を及ぼすことが心配といえば心配なのだ.

7年前は,新燃岳の爆発のあと,フクイチが爆発したが…
今回は,別形態の人災を呼ばぬように!と,祈りたい.
飯山 一郎(72)


そもそも
「自然災害」は
1の事も100にして騒ぎ倒し
ショックドクトリンするためのネタでしかない。

そして、本当の被害者にはなんら救済せず
さらに被害者にしていく。

朝日や財務省なんてのは
その最高機関であったのだから
ここまで追い詰められたら
「自然災害」をこれでもかと騒ぎ立て
自分達への疑惑の目をそらしたいに違いない。

だからこそ、災害が起きた時こそ
ダマスゴミのはぐらかしに乗せられず
冷静に「災害の実態」を分析し
対応していただきたいのだが
庶民というのは、まんまと乗せられて大騒ぎするから
困ったものである。


日本は敗戦国の植民地で
霞が関はネオコンの為にあり
3権分立何て幻想で
国会も茶番劇だった。

しかし、ネットの普及で
ネオコンとその仲間たちの正体が
ここまでバレバレになっちゃった。

安倍政権は戦後初めて
日本を独立国家へ導き
バックにはアジアの皇帝プーチンがいる。

独立仕立てでまだまだひよっこの「日本国家」は
ロシアで言うところの「クリミア」レベル。

プーチンとロシアのプロのKGBの「諜報」と
これぞ本当の「政治」というものに支えられて
やっとこさの状態なのだ。

しかし、日本は全然ダメかというと
日本の中小零細企業の「職人技」は
世界中の「機械産業」を支えていて
それこそがこの国の「価値」なのだ。

ロシアにとってもそれは大きい。
だから守ってもらえるのです。

そして日本の伝統文化「ジャパンクール」は
世界に誇れるファッションです。

日本の着物がアールデコ様式に多様され
ココシャネルやヴィトンの原型になった事を
日本人は知らない。

とにかくーーー
日本人はネオコンマスゴミに
振り回されず冷静な対応をすればいいのです。

あいつらの処理は、ロシアのプーチン皇帝に
丸投げしよう!!!!!!!!w

だって、すっごいミサイルもってるもんwww



コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか