日焼け止めと日本史

平成30/03/06(火)  旅先で仕事をするネット時代の旅
問い合わせにも追われる
今回の大阪を歩き回る旅の目的は,幾つもあって…
応神天皇(ホンダワケ)の「河内ワケ王朝」の歴史的意味と現代的な意味(教訓)を探り,明らかにすることも,その一つ.

現代的な意味とは…,明治期から始まった「東京皇室」にも“王朝交代”という事態があるのか?という問題だ.

いずれにしても,皇室・天皇制という世界最古の王朝は,王朝が何度も入れ替わり,交代があって…,しかし“皇統”を正統的に引き継ぎながら継続してきた!

そうして,さらに引き継がれてゆく!ということが確実な世界でも稀な王朝なのだ.

“飯山一郎の大阪巡礼”のもう一つの目的は,グルンバ事業を大阪・近畿圏で更に進化した形で立ち上げる!ということ.これは4月になると実際に立ち上がるので,ワシの大阪行きは,本年は頻繁になりそうである.

『ぽんぽこ笑店』の仕事も,ワシの旅先まで追いかけてきて…
たとえば,「日焼け止め」を発売してくれ!といった要望があった.

人間の顔は,太陽光や外気に24時間休みなく晒されている!というのが特徴なので,元々「日焼け」には強いものなのだが…
いつしか「日焼けは肌に悪い!」と思い込む女性が増えてきてしまい,「日焼け止め」を顔に塗ったりして…,女性も大変ですな~!www

おっと!
チェックアウトの時間が来たので,飯山一郎,また大阪の街に出ます.
飯山 一郎(72)


元々日本人は
ポリネシアン海遊民族縄文人と
バイカル湖発中国経由の弥生人の
ハイブリットの有色人種なので
真っ白な白人と違い
日焼けなど全く問題ないのだ。

長い歴史の中で
「日焼け止め」という薬物の塊を
塗り始めたのは現代科学ビジネスが横行してからなので
歴史は浅い。

人類の長い歴史が
日焼けが「害になる」という証拠はなく
原住民からすれば
「ワロス」なのである。

白人の侵略者は、太陽光のあたる場所にきたから
罰が当たっただけの話である。

ファッションとしての「美白」目的なら
それは、コスプレなのです。


有色人種ですが
なるだけ白くみせたーーーい!と
おもうふなら

そう開きなおって、コスプレを楽しみたまへwww

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか