中国の百済から着た日本の先祖

平成30/03/04(日)  10年ぶりの羽曳野市,応神天皇陵
まる一日応神天皇
遼寧省朝陽市と大阪誉田山古墳の出土品が同じ!
誉田山古墳の陪塚丸山古墳から出土した2号鞍
誉田山古墳の陪塚丸山古墳から出土した2号鞍
中国遼寧省喇嘛洞ⅡM101号墓で出土した鮮卑族の鞍
誉田山古墳の陪塚丸山古墳から出土した2号鞍
内側が直線的で120°角で角張っているのが特徴
中国遼寧省喇嘛洞ⅡM101号墓で出土した鮮卑族の鞍
ワシは昨日,半日以上も応神天皇(ホンダワケ)陵にゐた.

宮司親子の丁寧な説明と「講義」を受け,また誉田八幡宮の宝物殿に収納されている全ての「国宝」を拝見させていただき,さらに誉田八幡宮の境内を隈なく案内していただいた.

ワシが1時間近くも熟視し続けた国宝は,誉田山古墳の陪塚丸山古墳から出土した鞍(くら,馬具)だ.. この馬具は,百済国の最初の都城=柳城(今の遼寧省朝陽市)で発掘された馬具とウリ二つ!

ということは…
柳城(馬韓⇒帯方郡⇒百済)⇒(渡来人)⇒誉田八幡宮という経路で百済の文物が大阪まで伝わったということだ.

この流れは「百済」が「大阪」に来た!ということだ.

「百済という国が遼寧省にあった!」という史実を認めなくてはならないということでもある.

応神天皇(ホンダワケ)に関しては,驚きの史実が明らかになったのだが,このことは今は書ききれない.
だから,あとで書きます.
飯山 一郎 (72)








日本文化は
ポリネシアン海洋民族縄文人と
バイカルコ初中国経由のシャーマン人の
ハイブリットなんだってばw

いやぁ、本当の歴史探求って
楽しいね!!!w


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか