FC2ブログ

マスゴミの悪意 トヨタ宇野昌磨 VS 光文社

宇野昌磨の「自伝本」が突然の発売中止 光文社とトラブルか
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/02240730/?all=1&page=3

オリンピックのさなか、
光文社はありもしない宇野昌磨の「自伝本」を
アマゾンで予約販売を開始。

2月1日、宇野は抗議。HPに「事実無根」と書く。

光文社側は「企画段階」のものを
手違いでアマゾンに掲載してしまったと言い訳。

選手にしてみればありもしない物で
試合に集中しないといけない大事な時に
そんなことをされたのではたまったものではない。




羽生選手もメディアの悪意について触れていますが。

日本のフィギュア会は
選手同士は非常に仲が良く
宇野選手にいたっては
小さい頃からみんなにくっついて試合に参戦していたので
まるで「自分の息子」のようにかわいがられてきました。

そして、すさまじい「天然キャラ」で
いじられまくっています。

このアットホームな絆を
何とかぶち壊そうとしてきたのが一部マスゴミ。

羽生と宇野を、ゴシップまがいのネタで
何とか対立させようと画策。

この光文社の一件もただの「手違い」とは思えぬほどの
用意周到さに「悪意」を感じるのです。


そもそも、そんな前代未聞な手違いは
謝ってすむ話ではない。

朝日と共に、沈むがよい(爆w)

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか