FC2ブログ

植民地の「プロパガンダ教育」にNO!

平成30/03/03(土)  ♪志布志から船に乗って…
難波に着いた~♪
桃の節句の朝,ワシが志布志港から乗ったフェリー・サンフラワー号は,大阪・南港に接岸した.

神武天皇の古代から,錦江湾の鹿児島市ではではなく,志布志湾の志布志市と難波(なにわ)・大阪は,高知沖を通る船舶で結ばれていた.

もっと言えば…
古墳文化も,大陸の文化も,天皇制でさえもが…,薩摩・日向の大隅半島から難波(なにわ)・大阪に(下って)来たのだ.

これは「常識」とは逆だ.

そう! つねに,「常識」をつくる識者=御用学者は,間違ってきた!

ガハハハ.きょうはこ~ゆ~話を,ワシは堺市の仲間に話す.

論争になっても,ワシは,譲らない!
とことん頑固ジジ~に徹する! (爆)
飯山 一郎(72)


日本は敗戦国の植民地でしたから
当然霞が関もネオコン組織です。

しかしもっとらしく
「日本は植民地ではなく、独立国で自由民主主義で言論自由が保障された国」
と、表向きそうなっているので
そういうイメージつくりをしなければならなかった。

日本では小中高と「デマ洗脳」の詰め込み教育をやって
大学では4年間遊び倒し
クルクルパーになって社会にでる。

当然、使い物にならないけれど
日本は偏差値偏向主義なので
クルクルパーが出世していき
上に行けば行くほど
クルクルパーが出てくる社会でした。

そんな日本の大学バカデミズムは
東大ですら世界ランキング43位でした。

もうこれは、先進国としては壊滅的な事実です。

しかし、島国井の中の蛙植民地では
誰も信じて疑わず。


特に「日本史」はすさまじい出鱈目まみれ。
ダメリカと白人主義が世界中を植民地支配し続け
原住民を虐殺し続け
アジアでも分断工作の破壊活動をやろうとしたから
日本正規軍は勇猛果敢に戦おうとして
原爆を落とされ、日本中を「民族浄化」しようとしたのです。

しかし、日本人はしぶとく、浄化できなかった。
よって、インチキまみれの教科書で「日本はいかにクズな国」だったかを
小学校から叩き込んで洗脳してきました。

1600年前後頃から、世界中の古代からの文明
南アメリカのアステカ マヤ インカから
日本の平安時代後期
中国大陸の数々のアジアの伝統的文化圏も
破壊工作を繰り返されてきました。

ほとんどの日本人は
こういうこと、全く知らない。
洗脳バカ化教育のたまものです。


こんな教育を「プロデュース」してきた
文科省という「洗脳カルト」が作った小学校に
子供を通わせて出鱈目を教え込むと言う事が
どれだけ怖い事か、わかっていなかった洗脳状態の大人たち。

子供は賢いから、学校の矛盾に気が付き
その異常性に拒絶反応を示せば
「問題児」扱いされる始末。


正しい歴史認識すらできず
なにが大人か!

というわけで、まずは正しい歴史を
追及する「言論の自由」を!

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか