環境省が除染詐欺


http://archive.is/nhLpM

環境省が除染詐欺でした。
こんなもん、氷山の一角でしかない。


原発事故当初から
「除染事業」そのものが
無意味」でしかないと
わかっていたのだ。

自分たちで除染しながら汚染地帯に「住め」は
人権蹂躙の「軟禁事件」でしかなかった。

半径50キロ圏内の高濃度汚染地区に
子供を住まわせるなんて
あってはならない「テロ」でしかなかった。


こんな敗戦国の植民地では
ネオコンを追い出すのは絶対に無理だと思っていたが
2016年末から2017年初頭にかけて
たった数か月で
プーチンと安倍がネオコンを追い出した。

フクイチにはロスアトムの核のプロを投入。
中性子線蒸気は、一瞬で止まった。

あれから1年。
朝日を使ってモリカケ騒動で安倍倒閣を狙うも
どだい無理な話である。

霞が関の中の「ネオコンネットワーク」は
粛清の一途である。

残すは財務省の中の「悪性腫瘍」と
どう折り合いをつけるか、
それとも粛清になるのか。

見物である。

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか