抗がん剤でまんまとハゲ上がる人々

平成30/02/24(土)3  合法的な殺人!とは言わないが…
ガンで死ぬ人が多すぎる
せめて,この本を読んで検診を考えて下さい
近藤誠
「検診を受けたらガンが見つかりまして…」といった電話が,週に2回は必ずある.この電話の対応に,ワシは,ほとほと疲れはてた.

いま,日本の医療界は「ガンの宣告」を異常なほど乱発している.

「早期発見,早期手術でアナタは助かります!ただし良性ではないので乳房の全摘手術になります.来週早々に入院してください!」

このように医者に言われたと,泣きながらワシに電話してきたのは,36才,2児の母親である.

ワシはじゅんじゅんと説得した.

“乳ガン”という病名はありますが,“乳ガン”などという病気は,ないのです.

そもそも“ガン”という病気と病名は,医学界が考え出したモノで,実際には存在しません.

医者は,“癌(ガン)”を宣告して,切除手術・抗癌剤・放射線療法を行う.これでアナタの寿命は5年程度になります.

人間は,“ガン”では死なない!“ガン”の治療で死ぬのです!

さて,これから,もっとも大切な話をします.

毎日,約1万個のガン細胞が人間の体のなかで生まれます.ガン細胞は増殖が早く,おそろしく元気な細胞です.

ところが,その1万個のガン細胞は,マクロファージという免疫細胞が食べてしまいます.

おそろしく元気なガン細胞を食べたマクロファージ(免疫細胞)は,おそろしく元気になり,どんどんガン細胞を食べまくり,益々元気になります.

「ガン細胞」というのは,マクロファージ(免疫細胞)を元気にさせる!という(免疫細胞にとっては)最高の食品なのです.

つまり,ガン細胞は,免疫細胞を元気にして,免疫力を高める有益な細胞なのです!

だから,「あなたはガンです!」などと医者に言われたことは,悪質な詐欺師の営業行為だと思って,忘れなさい!

心配が消えなかったり,分からないことがあったら…
いつ何どきでもE~から,この爺ちゃんに電話しなさい!
ワシは,上のような話を,3~4回に分けて,何時間も話した….
36才,2児の母親は全てを納得し…,今は元気に過ごしている.

しかし,10人に3人は,医者の営業トークや家族の心配に負けて,手術を受け,抗癌剤を服用し続け…,3人に1人は逝ってしまう.

合法的な殺人!とは言わないが…,怒りは消えない.
飯山 一郎 (72)


そもそも・・・
「抗がん剤」なるものを投与されると
ハゲるわ、吐くわ、フラフラになるわで
最後、屍のようになるのに

「これ治療?なんか・・・おかしくね?」と
気がつかないのであれば
それも自由だわさ。

だから、ぎのごちゃんは
聞かれれば
これいいよあれいいよとは言うけど
喜んで望んで抗がん剤打ってる人には
なーーーんにも、教えない。


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか