テロは部外者によって行われる







これつまり、米CIAとヌ―ランドによって
ウクライナの国家転覆のきっかけになる「暴動」を
自作自演されていたということなんだが。

親ロ派ヤヌコビッチ大統領に
野党と煽られた市民とプロのテロリストが
抗議デモを盛り上げ
盛り上がったところでテロリストが無差別テロをして
ヤヌコビッチ大統領の仕業に見せかけて
一気に暴動で国家転覆。

そのテロリストは外国の雇われであり
テロリスト同士も、お互い口を割らない様に
監視状態にある。

結局、脅迫合戦なんだよね。


で、沖縄の普天間米軍基地騒動だが
地元民は辺野古への移設を勧める
自民党推薦の市長を選挙で選んだ。

住宅が密集する普天間じゃなく
辺野古の海へ移設。
そうすれば、住宅に「落ちる」危険性は「減る」。

辺野古の海を破壊するな!のサヨクだが
では、代変え案はあるのかというと、ない。
よって、普天間に飛行機が飛び続けていた。

この「サヨク」の正体だが
ほとんどが「関西弁」。

そう、プロ市民のよそ者である。


地元住民は昔から
サヨク、に頼るしかなかったが
サヨクがあまりにあまりなので
現実路線の安倍政権に乗り換えた。

賢明である。


デモというのは、かならず「操作」されている。
誰かの都合のために。
主催者は「よそ者」なのだ。

問題が起きてもトンズラさせるため。
やり逃げ戦闘員。


だから絶対、デモなんていういかがわしいものに
近寄ってはいけないのです。

路上で叫んで何になる?
どうにかなると思わされているけど
使い捨ての駒でしかない。


「デモ=正当な市民の主張」という演出のための
エキストラにされているだけ。


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか