犯罪政府「極左 ガン直人内閣」

フクイチ大爆発ガン直人内閣
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-10104.html


↑結局民主党がやったことは、住民を汚染地帯に住まわせ、
子供がガラクタ「ガラスバッジ」を、つけて歩く事です。

2011年6月3日
松本「復旧復興を急がないといけないということから言えば、(菅内閣は)一日も早く退陣した方がよいとの文脈になると思う」

2011年7月4日



2011年7月29日


2011年7月31日
菅首相の伸子夫人「泣くような人に大臣は任せられない」
http://news.livedoor.com/article/detail/5758012/



そもそも、松本の言うように
ガン直人は、民主ごと「退陣」しなければいけなかった。

小沢人気で勝利を収めた民主から
オザワを抜いた民主は
与党である資格は無かったのだ。

民主を乗っ取った野党が、
内閣などやっていた事は
倒閣乗っ取りテロでしかない。

オザワを元々追い出し乗っ取る計画だったあいつらは
民主主義への愚弄であり、国家転覆罪だった。

実際、転覆まみれだった。

2012年、安倍が奪還しなければ
今頃日本周辺は、死体の山だったぞ。

下野してなお、ネオコン派閥の官僚と
極左集団ガン集団は
アーミテージとマイケルグリーンが追い出された
2017年初頭まで
好き放題やり腐っていた。

プーチンが助け舟を出し
あべちゃんがそれにのっかって
ようやく、日本はネオコンの呪縛から抜け出せたのだ。


ガン直人というアジアのごく潰しは
世界中も呆れかえって笑うほどの、国家転覆罪なのだ。

その様な者の「ニホンゴガオカシイ訴状」を受け付けて
総理を民事裁判に2年も拘束して、
国政に支障をきたさせようとした
「法務省サイバンショ」って何ですか?


毎日が核爆発だった
「フクイチ原爆民族浄化テロ」

この事件は歴史上から消える事は無い。



「16日付ロシア紙イズベスチヤによると、東日本大震災後の福島第1原発からの放射能漏れについて、国営原子力企業ロスアトムの専門家は東京電力の初期対応が「あまり賢明ではなかった」などと指摘、対応のまずさが危機拡大につながっているとの見方を示した。

チェルノブイリ原発事故の処理に当たった経験を持ち、日本へ支援に向かった専門家も「(日本側の)よく分からない理由」で日本への入国許可が遅れたといい、地震発生当初は日本の地震への備えや救助態勢を称賛したロシア各紙は日本の対応に疑問を呈しつつある。

ロスアトム関係者は、事故当時、放射性物質を含んだ水蒸気を排出し、一刻も早く原子炉の水位を保たなければならなかったが、東京電力はおそらく、時間がたてば何とかなると考えたのではないかとの見方を示した。」


http://sankei.jp.msn.com/world/news/110316/erp11031622100012-n1.htm

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか