FC2ブログ

さいたま 児童殺害事件 深夜徘徊

母親と進藤悠介は夜に遼佑くんを追い出して2人きりの時間を作っていた

義理の父親に遺体を遺棄された小学4年生の男の子。男の子は最近、家庭内の不和を周囲に漏らしていた。義父との関係に悩み自宅に帰りづらい状況にあったのか、男の子は夜遅くまで出歩いていたことがあったという

9月20日放送のフジテレビ「グッディ」では、夜遅くまで近所のダンス教室を見に行くなど、徘徊していたことが報道されています。

番組内では高橋克実らコメンテーターが「家に帰りたくないから外をふらついてしまったのではないか」とコメントしていました。

これを一歩踏み込んで、うがった見方をすると、進藤悠介容疑者と母親が行為をするために邪魔な遼佑くんを外に出したようにも受け取れます。

https://tvlogs.net/mother-of-shindo-ryosuke-00044/



進藤君は17日午後3時すぎには下校。母親(42)が帰宅時、無職の父親(32)から塾に行ったと伝えられたが、普段の帰宅時間にもなっても戻らず、通報。県警が捜索し、遺体を発見した。

   ◇   ◇   ◇

17日午後8時20分ごろ、進藤君の母親(42)から「息子が英会話塾に出かけたまま帰らない」と110番があり、大宮東署員が捜索。進藤君一家の部屋がある2回の階段近くにあるメーターボックス内で遺体で発見された。発見時、Tシャツ、半ズボン姿で、死後数時間が経過していた。目立った外傷や着衣の乱れはなかったが、靴を履いていなかった。
https://www.nikkansports.com/general/news/201909180000818.html




埼玉小4殺人・ヒモ継父に殺害された少年の親族が明かす「母と前夫の親権争い」

10/4(金) 8:00配信

デイリー新潮

 愛しい我が子を失い、人生を共に連れ添う契りを結んだ夫にも裏切られた。遺された母親の心中は察するに余りあるが、世間では悲劇の元凶である進藤悠介容疑者(32)との“格差婚”に、注目が集まる格好となった。

~中略~

 ことの発端は9月17日に遡る。夜になっても帰宅しない息子の身を案じた母親は、警察に行方不明者届を出すに至った。すぐさま県警が付近を一斉に捜索したところ、翌18日午前0時半過ぎ、変わり果てた姿の遼佑くんが発見されたのだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191004-00585763-shincho-soci&p=1


何故この母は、その日に限って
警察に行方不明者届を出したのでしょうか?

普段から「深夜徘徊」を繰り返していたのに。


なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか