FC2ブログ

「韓国」と「韓国政府」は別物


日本の一般ザコ庶民は、洗脳教育によって
明らかにおかしな点に、無条件で気が付かなかったわけだ。

それはぎのごちゃん自身も含め、である。

韓国の「ホワイト国除外」についてだが
大きな流れはここを見ていただくとして。

そもそも、在日サヨクは「北朝鮮マンセー」というのが大きすぎる勘違い。

戦後、満州国にいた日本軍は北朝鮮にとどまり、
現在の「韓国」は、戦後「大韓民国」として
GHQが憲法と国家名を決定してくれた。
似非民主主義国家ネオコンの植民地の誕生である。

で、満州にいた朝鮮人と日本軍は、北朝鮮になったのであって、
戦後、生まれたての「韓国」から日本に大量に出稼ぎにきたのは
ほとんどが新国家「韓国人」なのだから、韓国籍である。
その人たちがいわゆる「在日」なのだから
朝鮮総連とは、韓国ネオコン政府日本支部である。

あげく、北朝鮮とGHQの植民地韓国は「完全無欠の対立」だったのだから
朝鮮総連は、北朝鮮マンセーどころか
北朝鮮撲滅隊のネオコンの下部組織である。

で、もっというと、日本人もピンキリであるように
在日だってピンキリであり
サヨクとかウヨクとかやってる「プロ市民」は
一般人ではない!政治活動家である!

庶民の代表とはかけ離れた「特殊工」なのだ。

日本は敗戦国で無条件降伏した「完全無欠の植民地」だったから
北朝鮮に残った日本軍からしてみたら鬼畜米兵に日本をとられて
「くっそーーーーー!!!」なのである。

もうここからして、本当に日本を取り返したいとおもって
ネオコンとタイマン張ってきた北朝鮮と
ネオコンに見張られた「日本政府」と
どっちが本当の「日本」なのか、
わけわかめ状態である。

韓国も北朝鮮も日本も
「ザコ庶民」と「政府」は別物である。

で、北朝鮮にも当然、派閥があり
金正恩派(反ネオコン) VS 金正男派(CIA工作員)が対立し
朝鮮総連がマンセーしていたのは「正男派」である。

実は中身日本軍は、めぐみちゃんのお子「金正恩」を
北朝鮮の代表にする事に無事成功。

そのバックには、プーチン、習近平、トランプがいる。
みな「反ネオコン」である。

日本も2017年1月に、官邸からネオコンをつまみ出す事に成功している。

ネオコンに完全乗っ取りにあってる「韓国政府」は
アジアの中では唯一「まだネオコン」のうっとおしい政府である。

中国ロシアアメリカ日本が
ネオコン韓国政府を、完全包囲した。

それが「ホワイト国除外」である。

で、ウヨクとサヨクは、韓国があたかも「崩壊」するかの如く
恐怖心をあおるか、大喜びしているのだが
国家としての「韓国」は崩壊もしないし無くなりもしない。

そんな事をしたら「第二のシリア」だし、
国が滅茶苦茶になれば、喜ぶのはネオコン仕込みの
押し込み強盗テロリストだけである。

経済的に追い込まれ政策的に包囲されたのは
「ネオコン政府」であって、韓国ではない。

ドイツの東西統一だって、両国は無くなってなくて
統一した共和国として、東も西も残ってる。

クリミアだって、ロシア連邦の共和国であって「クリミア国家」は残ってる。

北方領土返還にあたって、サヨクが住民に出ていけ!とか
日本に返せ!とかわめいてるけど、あれだって「戦争」と言う暴力行為だし
ロシア政府も安倍内閣も、そんな暴力思想は持っていない。

韓国の国民に対して「国家をなくしてやる」など
まともな国家はどこも思っていない訳。


滞りなく、暴動も内乱も起こさず
厳かに「ネオコン韓国政府」に
退いていただくだけ。

その後は、金正恩体制の北朝鮮と
ハッピーでいいとこどりの「南北統一」を目指しているわけだ。


ネオコンは韓国国民を「人間」ではなく「家畜」としか思ってないんだから
ネオコン仕込みのマッチポンププロレスラー「ウヨク」「サヨク」には
大声で「危険」を叫ばせて、暴動に持ち込み
シリアのように住民を虐殺したい。

いわば、人質にしたい。

そうはさせるか!である。

ネオコンは大人しく、韓国政府から手をひけ!!!である。


今、ネオコン韓国政府は追い詰められて
あちこちに喧嘩を売り倒しているが
崩壊は免れない。

逆切れで暴れさせないように
世界中が生暖かく見守っている。



こぉーーーんなふうに思っているのですが
みなさんは、どう推察されますか?

言論の自由とは、

自分の主義主張をごり押しするためにあるのではなく、
自分が思っている事を言って
それに対する証拠のある反証によって
お互いが
自分の間違いや無知を軌道修正するためにあるのだから
今思っている事を言わないと
進化はありませんえ。


証拠の捏造と改竄をして、断定系でごり押しすることを
「朝日の自由」と言いますが(爆w)



なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか