FC2ブログ

被害者をストーカーに仕立て上げようとした人々



http://archive.is/SaEpe





Twitterで声をかけてひき込んで
匿名で嫌がらせを指示していた三宅雪子は
それがバレ提訴されると
その匿名の人が自主的に自分で勝手にやった事にし
あげく、ストーカー被害者だった振りをして警察に通報。

そのおじさんはデマまみれの三宅の言い分で
不当極まりない捜査を受け、裁判所の証拠となるはずの
PCのデータを消せと怒鳴られ消してしまいました。

三宅だけの問題ではないです。

三宅一座の特徴は、批判されると、その相手が
「ストーカー」「殺人予備犯」「殺害予告犯」「脅迫罪」で
「告訴が受理された」「警察も認めた」「裁判所も認めた」とありもしない事実で
自分の正当性をでっち上げる悪質なものです。

実際、警察も裁判所も三宅の「大嘘八百」で動いていたフシがある。

その後、警察署に「事情を伺いに行った数名」は
後に三宅たちから「刑事告訴した。受理された。被疑者」と呼ばれ続け
弁護士を雇う羽目になったが
そんな告訴状は受理されていなかったと
ジャーナリスト黒薮氏が嘘を暴く

そして、三宅は今度は「刑事告訴が受理され犯人は逮捕された、黒薮」と
あたかも黒薮氏がみやけへの「脅迫罪」で逮捕されたかのように
意味深なツイートを拡散。

黒薮氏が「逮捕されていない」とつぶやけば
三宅は「黒薮とは言っていない 気にする方がおかしい 心当たりがあるんだろ」と
悪びれもせず、黒薮氏に非があったかのように拡散。

どこまでも「狡猾」な集団である。

延々とデマと告訴恫喝の繰り返しをしている「集団」である。
その集団に歩調を合わせ動いていた「司法関係者」「マスゴミ」がいる。

ユニオンと司法とマスゴミの「癒着」の一端を見た。
奴らの狙いは、企業ではなく「一般市民の金と言論弾圧」に移行した。


最も下品きわまりない三宅のマネジャは
某ユニオンの関係者だった。





なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか