FC2ブログ

外交を俯瞰せよ!!!






地球儀を俯瞰(ふかん)する外交

地球儀を俯瞰しながら体験できる『外交の軌跡』



首相官邸のHPで動く地球儀の外交マップが見れます。


2014/11/05(水) 鷲は「鳥瞰図」で世界を見て「俯瞰力」を鍛える
上空から世界を俯瞰せよ!
「上から目線」は駄目です
俯瞰力
「俯瞰力」というのは、一言で表すとモノ主体の視点が、「自分」を軸にして全体を的確に捉え、深い洞察や高い視点、広い視野へと移行していくことができる力のこと。(やましたひでこ「俯瞰力」より)

鷲が鷲のことを一人称で「鷲」と書くことは、2012年01月19日から始めた。
これは、「鷲」という鳥のように「鳥瞰図」で世界を見て「俯瞰力」を鍛える意識をもつためである。

人間の目(眼)や脳は、広い世界の全体を上から見て(俯瞰=ふかん)、その全体像を描くことが出来ない。

しかも、人間の目(眼)は、構造的に狭い一点を見つめるように出来ている。さらに、網膜にうつる映像は二次元的で、その平面的な映像を脳が三次元の立体的なイメージに合成している。 (とても参考になる記事)

したがって、人間が普段、普通に見ている世界は、せまい世界の一部分の映像を「合成写真」で見ているだけなのだ。

世界の全体像は、意識して、深く考えながら、「自分は世界のことが分かってないんだ!」と自省しながら、時間をかけて見ていかないと、世界は、俯瞰図も鳥瞰図も見えてこないのである。

だっから…、色んな評論家やブログの文章を読む時も、
書き手が、世界像や世界観、モノの見方や考え方をキチン!とチェックしているかどうか? これを確認しながら読まないと、読み手はダマされる。


ま、そういうことです。 (飯山一郎)







あれもこれも
俯瞰せよ!!!




なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか