FC2ブログ

ウキウキワクワク志布志会合

2017/12/05(火)  飯山一郎,語り続けた2日間の接待録
時代が大きく変わる予感
汚泥処理の現場で農業の未来を語った
大阪からの御一行
大阪から6名の重要な客が志布志に見えた.
志布志のスタッフ4名が手分けして接待にあたった.

大阪勢の志布志訪問の目的は,『次の時代をリードする未来型ビジネスの創造』という途轍もなく壮大な企画にワシを誘うこと.
光栄なこと,この上ない.

「壮大な企画」のバックには,大阪財界の超大物がおられるのではないか?と,ワシは睨んだが…,野暮な質問はしなかった.

大阪のみならず,いま,日本全国の至る所で…
「アントレプレナー」や「イントラプレナー」(いずれも新規事業起業家)が…
新しい時代をリードする,今までになかった事業を起業すべく…
日々,自己研鑽しながらを鎬(しのぎ)を削っている.

なかには,「新しい事業」どころか,「新しい産業」を構想する起業家は,新産業を興して,国の在り方,人々の暮らし方を変える!
さらには,(古くなり閉塞してきた近代西欧型の)文明をも変えてゆく!という「気宇壮大な野心」を燃やすアントレプレナーもいる.

「国を変え,人々の暮らしを変え,文明をも変える!」 大風呂敷ではなく,新しい時代をつくろう!と,本気で考えているのは孫正義だけではなく,大阪でも増えているようだ.

戦争さえなければ,日本は,フクイチの大災厄から抜け出して,大きく飛躍してゆく!という予感に,ワシはワクワクの日々を送っている.

実際,大災害が続いた艱難辛苦の「平成」が,新年号に切り替わった途端,人心は清新一新されて,人々は新しい時代の到来を実感することになる!

その新しい時代を漫然と迎えるのではなく,新しい時代,新しい日本をつくってゆく!という『進取果敢』の気概をもちたい!と思いつつ,ワシは2日間,存分に語り続けた.
飯山 一郎 (71)


とりあえず

いっつも

同じ

ジャージじゃね?!

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか