うぐいすというより九官鳥

 
2016/11/29(火)  丸山一志布志市議:感動の発見 (3)
『志布志の秘みつ』は超純粋!
丸山一志布志市議と愛弟子の飯山一郎
巣箱
ワシの家の巣箱.日本蜜蜂はココから深い森に飛んでゆく… (記事)
いま,『志布志の秘みつ』は超人気特産品!
『志布志の秘みつ』
『志布志の秘みつ』はラベルも手製
ラベル
  • なぜ日本蜜蜂は,深い森に通うのか?
  • それは深い森の樹々の花の蜜を吸いに行くためだ.
  • その日本蜜蜂の巣箱を,志布志在住の数十人の養蜂家たちが丹念に世話をする.
  • スムシやスズメバチの攻撃から巣箱を守る仕事も大変だ.
  • そういう日夜の苦労も,純粋・純正な蜂蜜を採るためだ.
  • さて今,志布志の日本蜜蜂の蜂蜜の大半は,ワシの家(『ぽんぽこ笑店』)に集まってくる.
  • そのリーダーは,丸山一(まるやま はじめ)志布志市議だ.
  • 丸山市議の検査・監査・監修は非常に厳しい.
  • 糖度と純度の検査で不合格になる蜂蜜も多い.
  • だから丸山市議が監修した蜂蜜は,日本一!だろう.
  • しかも,いま,超人気商品となって売れまくっている.
  • 在庫も,たっぷりはないが,1~2瓶の注文なら心配ない!
  • こうして,本田志布志市長と丸山市議の「志布志の蜂蜜を市の特産品にしたい!」という念願は実現した!(記事)
  • なお,深い森に面した本田市長の家で飼われている日本蜜蜂は,不肖・飯山一郎が捕獲したモノだ.
  • いま,健康維持には何と言っても『日本蜜蜂の百花蜜』が最高!という認識が広まっている.
  • その健康志向に応える態勢を,志布志市は整えた.
  • 『日本蜜蜂の百花蜜』(森の樹々の花の蜜)に関して,『志布志の秘みつ』は最高品質である!と,皆が自信を深めている.
  • ワシも毎日ナメているが,全身に精気がみなぎっている!
飯山 一郎(70)
丸山一氏の選挙を全力応援するワシ


元気だけが取り柄の↑この老人。ヒトには選挙なんかバカバカしいから止めろ! と言いながら、本人は張り切って選挙の応援弁士…www



ほーーーー
ほけきょ


何故か、都会の住宅街でも
日本蜜蜂を捕獲したやつもいたりするw





都会は空気が悪いし
殺虫剤や枯葉剤を
平然と撒くので
いつまで元気に
居座ってくれるのか
わかりませんが

かわいそうなので
元気なうちに
田舎の農家に里子に出そうかと思ったり

世界中が蜜蜂の保護と
蜂蜜の有用性を訴えているのに
蜂がさしたら死ぬぞとか
警視庁が防護服で殺しに来たり

日本は何もかもが狂ってしまって
もう、自浄作用が無いので
終わりは近い

日本蜜蜂と日本人て
似てるよねー

ジェノサイドされる運命


それでもなお、
生き残れるように
巣箱掃除してやる見返りに
蜂蜜ちょっくら強奪して
日本蜜蜂ちゃんの蜂蜜なめて
体を温めて
あらびき茶のんで
スクワットーーー




なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか