「報道ステーション」でいきなり議論となった古舘伊知郎キャスター(左)と古賀茂明氏

写真拡大

 テレビ朝日が27日夜に放送したニュース番組「報道ステーション」でコメンテーターの元経産官僚・古賀茂明氏が自身の番組降板を巡り、古舘伊知郎キャス ターと激しく言い合った。古賀氏は出演直後、インターネット番組「インディペンデント・ウェブ・ジャーナル(IWJ)」の取材に応じ、古舘キャスターの発 言に「驚いた」と語るとともに「テレ朝には申し訳ない」とも話した。

 古賀氏はIWJ代表のジャーナリスト岩上安身氏の取材に答えた。岩上氏が「報道ステーション、降板に至った経緯を話したところで古舘さんから止められましたね。驚きました」とマイクを向けられた。

  古賀氏は「私も驚きました。官邸に抗議することが今日の絶対の目的でした」と述べ、「古舘さんは私に対して平謝りで『何もできずすみません』と言っていた ので。私はあれくらいのことは言ってもいいのかなと思って普通に言ったつもりなんですけど。古舘さんには立場がある。古舘さんとは今まで非常に仲良くして いただいていたので、止められて非常に驚きました。あそこまで言うんだったら『言っていることと違うじゃないか』と言わせていただいた。自分では不本意 だったんですけど」と述べた。報ステに出演した際、古舘氏との番組外での会話を「録音している」と語ったことの真意を述べた。

 古賀氏 は また、「だいぶ気は使ったつもりだったんです。『I AM NOT ABE』のプラカードを(報ステで)出させてもらったんですけど。『なぜあそこまでや るのか』と思う人も多いと思います。何もなくてプラカードを出せばただのバカですよ。官邸が僕のことを個人的に攻撃してきてるんです」と手製のカードを用 意した理由を語った。

 「菅官房長官が会見で名前は言わない。わざとですよ。言うと問題にされる。でも、誰が聞いても私と分かるいい方 で 私を批判する。『あれは古賀さんのことですか』と皆が聞きに行くと、また名前は言わないけどますます私を特定するようないい方で『とんでもないことをいう やつだ。放送法違反だ』と言っていると聞いています。それは大変なことです。政府要人が免許取消もあるという脅しじゃないですか」と穏やかに語った。

  続けて、「脅されて黙るということをしちゃったら…常に不安を持ちながらも『黙ってはいけない』ということで、無理矢理、自分を追い詰めていました。ガン ジーの言葉があるように、言わないでいたら『1人騒いでも社会は変わらない。大人になろうと思って何も言わなくなったら、知らないうちに自分が変えられた ことになってしまう』。僕はいつもそう強く思っているので、攻撃されて黙るのではなく、言われたら言いたいことをどんどん言うつもりで」と自身の姿勢を 語った。

 また、「テレ朝には申し訳なかったです。しかし、事前に相談したら周りの人は皆困る。いきなり言ったから、誰の責任にもなり ません。知らなかったと皆、言えるんですから」と古賀氏なりに周囲に気遣ったことも明かした。