FC2ブログ

バレバレのバラバラ


2015/03/27(金)  何が何でも 「テロではない!」 と。
空中爆発粉々の残骸
この残骸の散らばり方、拡散の仕方は、空中爆発である!
しかし! 強引なシナリオ(デッチアゲ)が捏造されつつある。
「ドイツ人のアンドレアス・ルビッツ副操縦士(28)が単独で降下装置を操作し、故意に高度を下げて墜落させた…」
つまり…、
何が何でも 「テロではない!」と しなければならないのである。

いちはやく! (早すぎる!)
「テロではない!」と言いだしたのは、米国の諜報機関である。

フランスで24日、ルフトハンザ系の旅客機が墜落した件で、米国家安全保障会議(NSC)のミーハン報道官は24日、現時点で「テロ」攻撃を受けた兆候は確認できないとの認識を示した。 (記事)

ボイスレコーダーもフライトレコーダーも発見も解析もされてない段階で、この発言である。これで、何が何でも 「テロではない!」と しなければならないのは、米国の諜報機関だということがバレた。

そして…、
マルセイユ検察当局は26日、ドイツ機墜落事故で副操縦士(28)が故意に墜落させた可能性を指摘した。
(記事)

フランスの航空局(専門家)ではなく…、いきなりマルセイユ検察当局がシャシャリ出てきて、見てきたような講釈をするのである。

何が何でも 「テロではない!」と しなければならない気持ちは分かるが…、バレバレのウソがミエミエなので…、嗤える。
飯山 一郎




愛知県警(笑)

北海道警は小学校高学年の女児に、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で会いに来るよう脅すメッセージを送ったとして、強要未遂の疑いで、愛知県警緑署 地域課巡査部長、鈴木一史容疑者(32)を逮捕した。


空中爆破でしょぉ、
どう見ても

溺れる者
藁をもつかめない

もう、
戦争屋の情報操作力は
末期症状ね

寒いわ、寒すぎるわ

(笑う犬 ミル姉さん風)

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか