FC2ブログ

さすがネトウヨ・マケイン

マケイン:ウクライナでのクラスター爆弾使用について米国は有責


© Photo: AP/J. Scott Applewhite

ウクライナ軍が禁じられた兵器を使用したことについては、米国が本当の武器支援を行っていないことを一因にもつ。米軍事問題議員会議議長のマケイン上院議員が述べた。

「もし米国がウクライナに必要な兵器を供給していたなら、クラスター爆弾を使用する必要などなかっただろう。部分的に我々にも咎があるのだ」と上院議員。

もしウクライナ政府への兵器の供給が始まったとしても、米兵が追加的にウクライナに配属され、教練を行い必要がある、という。

木曜、米大統領府の報道官は、米政府はまだウクライナへの武器供給は決定していない、と述べた。

リア・ノーヴォスチ
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2015_02_06/282723309/



だから
ウクライナに米兵を
送り込ませろ?
住民をもっと効率よく
殺して回るぜ?
by マケイン?

このおっさんは
ネトウヨの思考回路そのもの

ウクライナは密かに米国製武器をシリアに売却している

ウクライナは密かに米国製武器をシリアに売却している

ウクライナには米国から取得した装備品を中東に販売する腐敗したシステムがある。ウクライナ国防省のピョートル・メヘド副大臣とバシャール・アサドに近いシリア政府軍のタラル・マフルフ親衛隊長の間で結ばれた契約の存在がLifeNewsの取材で分かった。

証拠として複数の書類が 引用されている。たとえば、米国製装備品のリストが添付された書簡があるが、リストはウクライナが自国軍向けに米国に要望した装備品のリストと同一であっ た。そのリストについては昨年11月25日、ハッカーグループ「サイバーベルクート」によってインターネットに公開されて、はじめて明らかになったのだっ た。同団体はバイデン副大統領を正使とする米国代表団のキエフ訪問の際、代表団の一員の電話通信を傍受し、リストを入手した。

装 備品は2か月後に納入されたものの、ウクライナ軍には全量が入らなかった。先に「サイバーベルクート」が公開した内部資料によれば、ウクライナ国防副大臣 はシリア軍親衛隊長に対し、兵器はシリアに発送する準備が整えられている、と伝えていた。10種の装備品の中には狙撃銃、アサルトライフル、迫撃砲、応急 処置キット、暗視スコープがある。

米国は公式にはウクライナへの銃砲の供給を否定している。
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2015_02_06/282726873/




ネトウヨは
ウソがばれても
へのかっぱ

育ちが悪い
恥知らず

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか