FC2ブログ

茶の世界



◆2015/01/15(木)3  韓国茶葉で乳酸菌培養

韓国でも飯山一郎式の乳酸菌培養

 
韓国・全羅南道は茶葉の大産地だ。品質は最高だ。


 
全羅南道からソウルまで運ばれてきた茶葉。

 
茶葉に付着している乳酸菌を“勘”で点検する鷲。

 
「茶葉の糖蜜漬け」の作業風景。すべて飯山一郎流だ。

日本から“喫茶店”が消えてしまったのは、なぜなのか?
茶を飲みながら歓談する余裕が消えたからだ。
“喫茶の文化”が浅いこともあるだろう。
日本の“茶道”は大した文化だが…、日本人の大半は知らない。

韓国の街なかには、「茶房(たばん)」という喫茶店が沢山ある。

「茶房」では、緑茶、コーヒー、紅茶、五味子茶、柚子茶、オクスス茶、高麗人参茶…、あらゆる種類の茶が飲める。

高級割烹料亭のような「茶房」で飲むトゥングルレ茶(アマドコロの根を乾燥した茶)は、高額だが、血糖値がガクンと下がる。

ネットゲリラが…、
「そもそも、自国でお茶の栽培が出来ない韓国です。お茶が存在しない韓国で、何故、『茶道』とやらが発達するというのかw」
などと憶測を書いている(記事)が、間違いです。

お茶の文化レベルは日本よりも韓国のほうが格段に上で、国民的な広がりもある。だから「茶房」が多く、各家庭にも様々な茶器がある。

世界最高の茶葉は、済州島の「雪緑茶(ソルロクチャ)」という茶葉だ(と、威張っていたが、たしかに旨い!)

ためしに済州島の「雪緑茶博物館」(入場料:無料)に行ってみるとE~。
行かなくても、これ→ OSULLOC‐1か、OSULLOC‐2 をクリックすれば、韓国の緑茶文化のレベルが良~く分かります。

最近の日本人は、思い込みが激しく、思い上がっていて、悪質な自国文化中心主義(エスノ・セントリズム)の患者が多い。
だっから世界中から嫌われて孤立してしまうのだ。

そーは言っても…、
何が世界一の緑茶か? ってことになると…、韓国人も真っ青!という世界一の緑茶がある。
その世界一の緑茶が何か? てことは、きょうは絶対に言わない!

言わなくても…、
誰もが、「それはアレだろ?!」 って知ってることだしなwww
(飯山一郎)

http://grnba.web.fc2.com/index.html#ss01152



ぎのごちゃんの最近のお気に入りは
蓋碗(ガイワン)で中国茶を入れる事です。

まじで、全然味がちゃうねん!

完全密閉で蒸らすのがいいみたい>ちょい発酵系茶葉

茶葉それぞれに、
ベストな入れ方があるので
家庭内実験で遊んでいるぅ。

あらびき茶は、
茶筅と納豆茶碗w

うひ

最近は、保温水筒が多いがwww

味は茶筅には劣るが
いっつも熱いお茶を
ちびちび飲めるー
なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか