FC2ブログ

緑茶で放射能対策!

◆2014/09/21(日)  緑茶は放射能国家の国民飲料!

急報! 朗報!

日本の緑茶には
放射線に対する
防護効果がある



緑茶はストロンチウムの吸収を防ぐ!


茶(とくに緑茶)は、抗酸化性、抗菌性、抗肥満効果、抗変異原性、抗糖尿病効果、抗発がん作用など多くの機能性をもつ。
これら茶の機能性の発現には、茶の成分・カテキン類が関与しているという。
さらに! 茶は、骨中のストロンチウム量を減少させるというのだ!

(論文集『新版 茶の機能』)より。




驚くべき効能である。

茶は、ストロンチウムの消化管での吸収を抑制し、体内への取り込みを防ぐ!というのだから。

さらに、茶は、骨中のストロンチウム量を減少させるというのだ!

これらの驚くべき=喜ぶべき茶の効能についての研究論文は、

・ 『茶の放射性物質汚染と放射線に対する防護効果』
 増田修一・島村裕子 (静岡県立大学) 『新版 茶の機能』
・ 『放射線の生体影響に対する茶の抑制効果』  
 増田修一ほか  FFIジャーナル® Vol.218 No.03 2013


上の論文には、次のような文章がある。

われわれ日本人にとって、緑茶は古くから習慣的に飲んでいるなじみ深いものである。 その緑茶は、放射線の内部および外部曝露による生体影響を抑制する有用な手段であると考えられる。


どうだろうか?
鷲が、緑茶をもう一度「国民飲料」に育てあげたい!と願い、「国民運動」にすべく奔走している理由がお分かりいただけたと思う。

過酷な放射能社会では、エビよりカニより、政治より経済より、健康こそが至宝であり、健康の維持と増進を最優先しなければ生き延びていけない。

だからして、あらびき茶を広めることは、隣人を、同志を、そして日本人を救うことになるのである。

「放射能」の「ほ」の字も言わなくてEー。
「この緑茶は茶葉を丸ごと粉にしたんだ。ためしに飲んでみて!とにかく美味いから!」
これだけでEーのだ。

だっから、ぜひともヤッてみて猪ー大寝!>皆の衆

【BGM】 ♪ あらびき茶ソング♫•*¨*•.¸¸♪

http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ii09211



あら茶ッテ

あら茶ッテ♪

改め

あら茶リーナ!

あら茶リーナ


 緑茶はストロンチウムなど放射性物質の吸収を防ぐ! そのメカニズム。 (飯山一郎)

昨日の『てげてげ』の文章…、

日本の緑茶には放射線に対する防護効果がある!
あらびき茶緑茶はストロンチウムの吸収を防ぐ!


この情報は、朗報!として多くの方々に読まれた。(記事

ところで、「緑茶がストロンチウムの吸収を防ぐ」という作用のメカニズムは…、
茶タンニン類が消化管粘膜で収斂(しゅうれん)作用を起こすことによりストロンチウムなどの核種の消化管での吸収が抑制されることだ。

ちなみに上の場合の「収斂作用」とは、タンニン(茶カテキン)が腸粘膜のタンパク質と結合して被膜を作るコーティング作用のこと。これにより核種の吸収が抑制される。

茶カテキンは、タンパク質と結合しやすく、ウイルス表面のタンパク質膜とも即時に結合する。このため、ウイルスは、茶カテキンによって不活性化してしまう。
このことは、下の図はを見てご理解いただきたい。
(飯山一郎)



http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-7521.html

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか