FC2ブログ

国策 日本殺人医師会

◆2014/07/18(金) 「癌だ!癌だ!」と騒ぐ医者とは絶交だ

癌の治療は絶対にするな! 先ずは放置だ!

 

鷲も、医者に「ガンです!」と言われたことが何回かあるが、そういう医者とは絶交した。お陰様で、胃癌も大腸癌も自然に消えて跡形もない。
ほとんどの人は癌が発見されると医者の言うがままの治療を受けるが、近藤誠氏は慌てて治療を始める不利益を説く。
癌を放置しておいても癌が転移せず、大きくもならない人が多数いるからだ。
癌を放置している患者たちの証言は、医学がデッチアゲた仮説=「たちまち増大し転移して、死に至る」という癌の定義を覆す。
ま、「癌だ!癌だ!」と騒ぐ医者とは絶交して、ガン検診も含め、病院には行かない!これが長生きの秘訣だ。




近藤誠がすすめる「癌の放置療法」を激しく批判する本がある。
『「抗がん剤は効かない」の罪』(勝俣範之著)という本で、「ミリオンセラー近藤本への科学的反論」という副題付きだ。

この勝俣本を鷲は読んでみたが…、おそろしく非科学的で、説得力は皆無に近い。ほんとうに頭の悪い医師だ。

勝俣本の主要な主張は、たとえばこんなふーだ。

「抗癌剤の副作用は非常に激烈で危険だが、“腫瘍内科医”が使えば大変な効果をもたらす。しかし、日本には抗癌剤の専門家である“腫瘍内科医”は数百人しかいない。“腫瘍内科医”以外の医者の抗癌剤使用は危なかしい…」

これじゃ恐ろしくて…、病院には行けない罠~(爆)

勝俣本は、東電の勝俣みたいに国民の健康無視で、体制ベッタリで、医療マフィアの手羽先が書いたような本だ。

勝俣範之氏に関しては、こんな↓話もある。

勝俣範之氏は、近藤誠氏との対談をいったんOKしながら、2カ月後に“近藤本を読んで、自分は準備不足だとわかった。この話はなかったことに” と敵前逃亡した、と。

「近藤先生はがん研究に10万時間かけ、数万人のがん患者を診て、がん放置療法を確立した信念の人。昨年開設したセカンドオピニオン外来にも、1年間で2000組も相談が殺到しているというから、いま全国津々浦々のがん患者がどんな治療をすすめられ、どんな目にあってるか、バッチリ把握してるだろう。勝俣先生は近藤先生とディベートしても、とても歯がたたないから本書で抗戦?」という投稿もある。
ま、そんなところだろう。

http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ii07181



いったって
日本の医療は
731部隊の死にぞこないが
作った組織だからねーーー

ひたすら人体実験やってるだけ

連続で12人も殺害しておいて
平然と
因果関係はない、
とかぬかす精神分裂病患者が
医師の日本です


ちなみに、ぎのごちゃんも
「腫瘍があるけど、何もせず、様子を見よう!」
と、医者に言われたことあり。

そして、放置。
見事、腫瘍は消えたし、
破裂寸前の浮腫もきえたー。

そのセンセーは関西では優秀と言われている
センセーらしい。
友達の薬剤師たちが口を揃えて言っていた。

まともなセンセーは
日本の医療が「おかしい」事に
当然の事ながら、気がつく。

建築でもそうで、
まともなセンセーは
土建屋建築学会なんぞに
近寄りもしないwww
なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか