日本 明らかに非常事態



被ばく線量、引き上げ検討=原発緊急事態対応で―作業員意思確認も議論・規制委

時事通信 7月30日(水)12時8分配信

 原子力規制委員会は30日、原発で重大事故などの緊急事態が発生した際に、作業員らの被ばく線量上限値に関して現行の100ミリシーベルトから引き上げる必要があるか検討を始めることを決めた。田中俊一委員長が同日開かれた定例会合で提案し、了承された。
 東京電力福島第1原発事故では、作業員らの線量上限値が100ミリシーベルトのままでは対応できないとして、急きょ250ミリシーベルトまで引き上げられた。田中委員長は「国際的には500ミリシーベルトということもあり、検討してはどうかと思う」と述べた。
 国際原子力機関(IAEA)は「救命活動」や「壊滅的状況への発展を防止するための活動」に関して被ばく線量を500ミリシーベルト未満とする推奨値を示している。また、国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告は、救命活動に関して線量制限を設けていない。
 被ばく線量は100ミリシーベルトでがんを発症して死亡する確率が0.5%上昇し、線量が多いほどリスクが高まるとされている。
 田中委員長はまた、「被ばくする作業員の意思を確認する方法などを検討しておく必要がある」と述べた。今後、規制委で海外の事例などを参考に議論し、上限値を引き上げる場合は放射線審議会に諮問する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140730-00000057-jij-soci



500というのは
推奨値ではなく
非常事態における
やむおえない限界値だ!

さすが犯罪脳 原発村

100超えは、非常事態なのだ。
日本は誰から見ても非常事態なのだ。

日本は安全、原発はアンダーコントロール
非常事態じゃないけど、
非常事態用数値にします?

なめてんな!
なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか