FC2ブログ

地球規模の政権交代 インチキ西洋主義はもうだめ

◆2014/03/21(金)  「POS」とは、Pと Oと S。

ヌッポンは貧富の差が激しく,奴隷みたいな非正規労働者ばかり.放射能まみれで夢も希望もないから…,せめて隣国を軽蔑し憎悪することで不満や不安を解消するしかない.

そこへいくとチャイナは豊かになる一方だし,ダメリカもまだまだ豊かだ.だっから,ビンボーな放射能国家などには目もくれず…,仲良くヤッてるみたいだ猫~


ファーストレディー外交に注目
米大統領夫人 首脳会談に「花」


【北京時事】ミシェル・オバマ米大統領夫人は20日、北京に到着し、1週間の中国訪問を開始した。習近平国家主席の夫人で人民解放軍所属の国民的歌手・彭麗媛さんと共に北京市内の学校や明・清時代の皇宮「故宮」(紫禁城)を訪れ、交流を深める。夫人の訪中の間に、夫同士はオランダで首脳会談に臨む。2人のファーストレディーが大国外交に「花」を添えることになりそうだ。

 ミシェル夫人は教育問題をめぐる議論を望んでおり、北京大学で講演する。北京の後に西安(陝西省)と成都(四川省)も訪問する異例の長期訪問だ。昨年6月に夫人の同行でカリフォルニア州を訪問した習主席がオバマ大統領と首脳会談した際、ミシェル夫人の事情で夫人交流が実現しなかったため、今回は夫人が母親や娘2人を連れて訪中することになった。

 ミシェル夫人の訪中については、中国メディアが大々的に報道。京華時報は「ファーストレディーは米外交の潤滑油」、新京報は「中米『夫人サミット』上演」と見出しを掲げた。 (時事:2014/03/20-22:04



オバマ(O)と習近平(S)は、ランチョ・ミラージュ )以来ツーツー。
プーチン(P)とオバマは、北アイルランドのG8サミット以来ツーカーで、今もウラではツーツー。つまり、今の世界は「POS(ポス)」が主導している…。
これを、国際政治を知るための「ポイント・オブ・シークレット」と言う。




鷲は昨年の7月、大胆に↓こー予言した。
次の覇権国家は、プーチンのロシアだ!

いま、世界は、プーチンのロシア、ロシアのプーチンが有利になるように動いている。

プーチンのロシア、ロシアのプーチンが世界覇権を獲得してゆく…、すべてがそーゆー流れになっている。なってきている。

さて、昨日、オバマ米大統領夫人が訪中した。1週間という異例の長期滞在の間、中国国家主席・習近平夫人が行動を共にするという。

習近平夫人の彭 麗媛(ほう れいえん、ポン・リーユアン、Peng Liyuan)は、中国人民解放軍の少将で、人民解放軍総政治部歌舞団・団長という要職にある。

彼女は、80年代初頭に「在希望的田野上」という曲で一世を風靡、超有名なスター歌手になるが、習近平と結婚したあとも、中国のトップスターとして中国の民族歌謡・愛国歌謡の大御所である。

人を演芸で楽しませる芸人のプロ中のプロである彭麗媛が、ミシェル・オバマ米大統領夫人に付きっきりで中国大陸を巡りながら接待するのだ。

おそらく、ミシェル夫人は、夢のような楽しさと華やかさと、人を接待することにかけては世界一の中国人の熱烈歓迎に、この上ない感激を感じながら、一生忘れられない熱く懐かしい想い出をつくるだろう。

これで米中の首脳同志は親戚のような親密関係になり、米中の国家関係も一層緊密な友好関係になる…。

こういう流れを最も歓迎して喜ぶのはロシアのプーチンであり…、最も苦々しく思うのは、ニッポンの安倍晋三だろう。心臓に良くない。
プーチン(P)、オバマ(O)、習近平(S)。この三人(POS)が一層緊密になっていく流れ。これが、いま現在の世界のトレンドだ。

http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#ii03211



ネオコンポチ安倍のお出迎え方法
「日本犬のお前らは時々、俺にかみつきやがるな」


ユメ

ポチから足抜けできない
今更引き返せない
安倍と霞ヶ関と経団連の
行く末は、貧乏
なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか