FC2ブログ

剽窃と書いてひょうせつと読む

大学教授は大喜び、学生は戦々恐々のコピペ判定サイト「剽窃チェッカー」

インターネットの普及に伴いさまざまな情報を手軽に検索・引用できるようになりました。しかし、ネットに公開された論文や他人の文章をあたかも自分の著作であるかのように拝借する「剽窃(ひょうせつ)」行為が横行し、剽窃レポートを提出する学生や、中には剽窃論文を発表する研究者まで現れる始末で、剽窃行為は大きな社会問題になっています。そんな剽窃を絶対に許さないネットサービスが「剽窃チェッカー」です。

http://gigazine.net/news/20131118-hyousetsu-checker/



【飯山一郎のコメント】
ヒト様のブログを丸々コピペして、さも自分の意見のように見せて、巧妙な意見誘導をしているサイトがある。
いっぽう、きのこ女史の場合は…、ヒト様のサイトをマクラ(枕)にして、あるいはネタにして、自分の意見をズバリ!と小気味よく言い放つ。
これで読者は、きのこの女史のナマの意見を読むことができる。

http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-7334.html



この剽窃行為だがー
昔から多かった

誰かの本を読んで
いかにも自分の意見みたいに装い
「僕、かちこいでしょ!」て言いたいらしい。

が、所詮パクリであって
そいつの思考のアベレージからいって
そこにたどり着くのは「おもいくそ無理」なので
はたから見れば、バレバレなのだがw

ちょっと突っ込んでやると、
全然まともに答えられない。

昔は少数だったが
今って・・・

ほぼ、剽窃やろ。
ネトウヨサヨ、グロガー、学者に至るまで。

おのれの劣化パクリ御託はええから
ソース元を言えよ、プププッ


てな感じw
なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか