FC2ブログ

原爆投下の本当の理由

核なき世界のため ヒロシマとナガサキへの原爆投下の原因について嘘をつくのをやめなくてはならない

タグ: 政治, 論争クラブ, アジア・オセアニア, 解説, 日本関連, 国際
イリナ イワノワ
6.08.2013, 14:39
日本は国際的パートナーたちとともに、全世界における核兵器廃絶を目指す。6日、米国がヒロシマに原爆を投下してから68年目の追悼式典に参加した安倍総理が声明を表した。
目標は素晴らしいが、核兵器をめぐる政治ゲームに終止符を打たない限り、実現することはできないだろう。また人類は、ヒロシマとナガサキに原子爆弾が投下された本当の理由にも正面から取り組まなくてはならない。モスクワ国立国際関係大学国際研究所のアンドレイ・イワノフ専門家は次のように指摘している。 -米国がヒロシマおよびナガサキに原爆を投下したことが、日本国民にとって恐るべき悲劇となったことは、みんなが理解しています。今日に至るまで、苦しみ続けている人がいるのです。問題なのは、日本への原爆投下が正当化されるのかどうか、ということです。米国では、原爆投下によって日本を降伏に追い込み、米国、英国、中国、ソ連、さらには日本の多くの兵隊の命を救ったのだ、という見方が広がっています。2007年、久間防衛大臣までがそのような意見を口にしました。つまり、ヒロシマ・ナガサキへの原爆投下は悪ではあるが、不可避だった、と。これが第二次世界大戦の幕引きとなり、北海道をソ連に取られることを回避した、だから米国に恨みは持っていない、とまで久間防衛大臣は言ったのです。しかし世論の怒りを買い、辞任に追い込まれました。ただ、原爆投下は余儀なくされたもので、仕方なかったという見方は、欧米諸国では広く残っています。



世界地図2

この地球儀でよくわかるが
EUの奴隷商人、武器商人たちは、
アフリカ、南アメリカに侵略したのち、
東アジアを取り囲み、
ずっと侵略の隙を伺ってたのだ。

周りから徐々に徐々に領土にして。

江戸倒幕、明治維新で
日本はとっくの昔にEUの植民地。

江戸の外様たちと同祖の白丁(在日南朝鮮人)を
大量に送り込み、統治し始めた。

第二次世界大戦は、そんな日本が、
アメリカから植民地支配を守る!とぬかし、
せっせと侵略行為を続けた。

あほな庶民は間に受けて、
侵略から守るんだ!と戦った(犬死)

つまり、EUの代理戦争ポチ。

アメリカが日本に原爆を落としたのは、
アジアの端っこの原住民を殺すためであり、
関東軍ともつるんでて、
自作自演なのら。

だーいたいやねぇ
原爆を作ったのは、日本人やぞwww
高速戦闘機作ったのも、日本人やしw
テレビも日本人w
電球のフィラメント作ったのも日本人w

日本人てマゾだなwww



おい元黄金の国「ジパング」よ
武士道精神を忘れたのか?
これ以上子供を被爆させてどうする?
民族浄化する気かーーー

by プーチン
なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか