FC2ブログ

ロシアのニュースで世界史のお勉強

第二次世界大戦の謎 日本の伊号第52潜水艦は濃縮ウランをドイツに運んだか?

タグ: 「創世記の有無もわからない以上、世紀末の到来は不明」 ヤロスロフ・コルヌィリエフ (古生物学者), アジア・オセアニア, ウラン濃縮, 戦術核, 第二次世界大戦, 解説, ドイツ, 日本関連, 国際, 社会・歴史
イリナ イワノワ
2.02.2013, 14:30
過去の一つの謎を解明しようとする試みが、新たな謎を生み出す事は決して稀ではない。これから皆さんにお話ししようとする事もまた、そうだった。日本の潜水艦と広島への原爆投下の話である。
 1995年、米国の探検家ポール・ティドヴェル氏は、ユニークな有用鉱物探査用レーダーを搭載したロシアの学術調査船「ユジモルゲオロギヤ」号をチャーターし、その助けを借りて、大西洋の海底に沈んだ日本の伊(イ)号第52潜水艦を見つけ出そうとした。この潜水艦は、1944年に不可思議な状況下で行方が分からなくなっていた。しかし、ティドヴェル氏が関心を持ったのは、この潜水艦自体ではなく、その積荷だった。 数々のアーカイブで資料を掘り起こす中で、ティドヴェル氏は、輸送用に特別に製造されたこの潜水艦が1944年の夏の初め、日本を出港した事実を突き止めた。潜水艦は、2トンの金と、民間の技術者グループを乗せドイツに向かっていたというのだ。航海の途中、潜水艦はシンガポールで、さらに錫、モリブデン、タングステン228トン、さらには生ゴム60トンを積み込んだ。そして潜水艦は、カーボベルデ諸島海域で浮かび上がり、ドイツの潜水艦V-350が見つけられるよう、自分達の居場所を暗号で打電した。ドイツ側は、日本側が運んできた金などを受け取る手筈となっていた。実は、米国及び英国はすでに大分以前から、日本の暗号を解読していたのだが、日本人達はそれを知らず、すべては極秘裏に首尾よく安全に行われていると考えていた。情報をつかんだ米英は、日独の潜水艦が出会う場所に、この海域に配属されていた空母「Bogue(ボーグ)」から爆撃機を派遣した。敵の出現は、日独双方にとって思いもかけないものだったが、両潜水艦はどうにか海中に沈み逃げる事ができた。そのため米海軍のパイロット、ジェリー・タイラー中尉は、水中に投下したソーナー付のブイを頼りに爆弾を投下する事となった。専門家らは、テイラー中尉には、日独の潜水艦のうちどちらか1隻だけでも沈没させ得るような、いかなるチャンスも残されていなかったと見ている。というのは、爆撃が成功したかどうかは海上に潜水艦の残骸が浮き上がったかどうかで判断するわけだが、テイラー中尉が最後の飛行をした時には、現場はすでに漆黒の闇に包まれていたからだ。その翌日、中尉は潜水艦の残骸を探しに向かったが、何も発見できなかった。当時、この件に関してはこれ以上注意が向けられる事はなかった。しかし後になって伊-52が戻らなかった事が明らかになったため、テイラー中尉による爆撃で潜水艦は沈没したものと見なされるに至った。


「日本の奇跡」の秘密は海賊の真珠にあり

タグ: 「創世記の有無もわからない以上、世紀末の到来は不明」 ヤロスロフ・コルヌィリエフ (古生物学者), アジア・オセアニア, 解説, 経済, 日本関連, 国際
ゴンチャロワ・ユリヤ
31.01.2013, 15:11
「日本の奇跡」の秘密はどこにあるのだろうか? 日本はなぜあんなにも早く戦後復興を果たし、世界の経済大国の列に並ぶことができたのだろうか? これらの問いにはエコノミストだけでなく歴史家も取り組んでいる。
専門家らの間では日本の戦後復興が迅速に行なわれた背景には、日本の会社員、労働者の勤勉さ、日本の高級官僚の権限の大きさ、米国からの潤沢な財政支援の3つの要因があるとされている。最初の2つの要因には誰も疑問を呈さないだろうが、3番目に関しては米国は確かにアジア圏に共産主義が拡大しないためのバリアとして日本を使うために援助したが、それでも自国経済と互角で張り合うライバルを育てようとは思わなかったはずだという疑問がでてくる。では日本は第1級の産業と科学を打ち立てるための資金をどこから捻出したのだろうか? 歴史家の中には水兵、イムリオ・イソカワの話がこれに関連するという声がある。 話はロシアの巡洋艦「アメチスト」が1904年南シナ海のダナング沖合いで日本の水雷艇125を沈没させたところから始まる。水雷艇の乗組員は全員海の藻屑となったと思われていたが、2年後の1906年初頭、フランスの砲艦「クルーレ」は北アンナン島の沿岸でいかだに乗った一人の水兵を発見した。水兵はぼろぼろの服装で憔悴しきった様子で、自分は水雷艇125の乗組員の生き残りで名をイムリオ・イソカワといい、1年半にわたってたったひとりでパラセル諸島のある島で暮らしていると語った。


植えつけられた忠誠 第三帝国の心理兵器

タグ: 「創世記の有無もわからない以上、世紀末の到来は不明」 ヤロスロフ・コルヌィリエフ (古生物学者), 解説, 国際, 社会・歴史, ヨーロッパ
ゴンチャロワ・ユリヤ
18.01.2013, 14:58
世界各国メディアにはよく、何らかの国が大衆の意識を操作し、その意志を押さえつけるというような手段を試みているとの報道がなされる。しかし1940年代、すでにナチスドイツにおいてそのような方法が用いられていたということはあまり知られていない。しかもそれが大きな成功を収めたとみる考えさえあるのだ。
1945年1月、アルトシタット近くでソ連軍はそいつの生徒や年金生活者らの義勇軍による激しい抵抗を受けた。抵抗しても無駄であることは火を見るよりも明らかではあったが、彼らは熱狂的に抵抗したのである。その最中、突然林の中では大きな爆発が起こった。その瞬間、いままで抵抗していた人々はぴたりと抵抗をやめ、武器を投げ捨て、表情には驚愕と呆然が表れた。このエピソードは戦争末期、ソ連軍将校の日記に残されたものである。 林の中にはそれほど大きくない装置の残骸が発見された。そのような機械はその後、ドイツのほかの地域でも発見された。すべては徹底的に壊されており、当時、ソ連の専門家も米国の専門家もその用途を知ることは出来なかった。しかし米国側もソ連側と同じく気がついていたことがあった。それは装置が発見されたところではドイツ軍および義勇軍が極めて頑強に抵抗したということだ。


タダで読めるニュースで
こんなレベルやぞ、ロシアは。

専門書になったら、
どんなレベルなんやろねー。

ほんま、日本人バカ化されてるわ。
なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか