FC2ブログ

西安 粗食物語

◆2013/06/19(水)2  多食・美食から少食・粗食への転換

鷲は、恥ずかしながら、多食・飽食・美食・過食(バカの大喰い)
で、ゲテモノ食いの悪食だった。

朝食・昼食・夕食・夜食のほかに間食をとるので、牛飲馬食と
ゆーより、鯨飲馬食(げいいんばしょく)の暴飲暴食だった。
しかも、弱肉強食の世界にいながら、無芸大食で無為徒食。

これではウダツが上がらず、食うために夢中で働いても、我が
暮らし楽にならざり、じっと手をみるハンド・ツー・マウス。

やがて乞食になるか、餌食になるかの一歩手前で、糖尿病に
心筋梗塞の前駆症状。

ここで死ぬわけにはいかぬ!と鷲は発奮、鼠ーか深刻に反省、
中国は西安のさらに西方の奥地に行ったが、食い物が辛くて
全く口にあわず、胃をこわし、腸を痛め、下痢と嘔吐と絶食の
日々…。

が、胃に反し、いや意に反し、下痢が止まると痩身の健康体。
心がうるおい、頭が冴え、中国語も準急列車なみに上達…。

『禍福は糾える縄の如し』(かふくはあざなえるなわのごとし)で、ごく
自然のうちに、禍が転じて福と為ってしまったのでR。

以上が、鷲の「多食・美食から少食・粗食への転換原点」。

http://grnba.secret.jp/iiyama/index.html#st06192

聞くも涙
語るも涙の物語であった



いや・・・
中国料理の豪華料理の写真並べ
毎日自慢してたから、
バチが当たったともいう

バチあたりの食あたり物語やんか
なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか