FC2ブログ

現代のJFKはちょー反戦主義

(朝鮮日報日本語版) 米国務長官「中国なしでは北朝鮮は崩壊する」

朝鮮日報日本語版 4月19日(金)10時6分配信

 米国のケリー国務長官は17日(現地時間)「中国なしでは北朝鮮は崩壊する」「朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が進める『韓半島(朝鮮半島)信頼プロセス』は、中国と利害が一致したときに限り実現可能だろう」と発言した。これは、北朝鮮問題を外交的に解決するには中国に依存する以外にないとの点を強調したものだ。

 ケリー長官はこの日、米議会下院の外交委員会公聴会に出席し「北朝鮮に影響力を行使できる唯一の国は中国だ」とした上で、上記のように述べた。

 ケリー長官は「中国は北朝鮮が使う燃料の4分の3を供給しており、また金融面でのつながりがあるだけでなく、食糧も提供している」「中国がなければ北朝鮮は崩壊するという言い回しは、非常に適切だと思う」と語った。

 その一方で「中国も米国と協力する意志をにじませていると思う」「中国とこの部分についてすでに議論を行い、意見も一致した。過去とは異なった結論を出せるよう、対話を進めていきたい」とも話した。

 ケリー長官は「中国抜きの米国による対北朝鮮政策」には限界があることを認め「過去15年から20年間、米国には軍事面以外で北朝鮮に対する直接の影響力はなかった。この点は明白な事実だ」「韓半島(朝鮮半島)の不安定な状況が続き、人道問題が中朝国境を越えることを中国も懸念している」と指摘した。

 ケリー長官は「朴槿恵大統領が進める『韓半島信頼プロセス』は支持するが、現在の状況だと実現は難しい。非核化や経済での利害関係が中国と一致したときに、『韓半島信頼プロセス』は初めて効果を出せるだろう」と予想した。ケリー長官は「非核化に向けた措置を北朝鮮が確実に進めなければ、われわれは補償などしないし、交渉テーブルに出ることもない。また食糧支援に向けた話し合いもしないつもりだ」とくぎを刺した。

 ケリー長官は「米国の対北朝鮮政策は『戦略的な忍耐』ではなく『戦略的な非忍耐』だ」とした上で「はっきり言うが、国務長官である私も(オバマ)大統領も、過去と同じような取り引きを繰り返し、前轍(ぜんてつ)を踏むようなことは絶対にない」と強調した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130419-00000689-chosun-kr


◆2013/04/19(金) 戦争屋の謀略を止める政治家 (7)

『戦争屋の謀略を止める政治家』とは、いったい誰なのか?

戦争屋の謀略=朝鮮半島で戦争を勃発させる策略。これを
見事に粉砕した政治家は、じつは、二人いる。
その二人の人物の名前を、きょうは、ズバリ!と言う。

アメリカ合衆国国務長官・ジョン・フォーブズ・ケリー(JFK)と、
朝鮮労働党第一書記・金正恩。この二人だ。

この二人の政治家(軍人でもある)が、米国戦争屋の謀略を
見事に見破り、それぞれが独自の戦略と得意な戦術を連発
して、朝鮮半島がイラクのように壊滅する事態を寸止めした!

金正恩の波瀾万丈かつ豪胆な「鬼手・鬼策」は置いておいて、
先ずは、ケリー(JFK)。
彼はイェール大学卒で、スカル・アンド・ボーンズに参加した。
このスカル・アンド・ボーンズを「秘密結社」として問題視する
ムキがあるが、陰謀論者の軽々しい誇大妄想だ。

イェール大学の教授、カール・ドイッチュ政治学博士が言って
いたが、会員名簿も公開されている普通の「親睦会」だ。
が、文字どおり極秘の秘密結社を隠す役割はしている、とも。
だだしイェール大学は、ペリーの黒船に研究者を同行させて
以来、極東の研究と情報では米国随一で、その「情報」次第
で、日本と極東の運命が左右されるだろう! と。

ケリー(JFK)を鷲が注目するのは、イェール人脈も猿事?ながら、
彼のベトナム戦争での激烈な実戦体験と、強烈なトラウマを
心奥にかかえた反戦運動家としての側面だ。

ケリーは仲間の退役軍人と共にワシントンの国会議事堂ビル
に、勲章(メダルとリボン)を投げつけて抗議行動を行った。
この程度なら普通の反戦運動家だ。しかし、ケリーの過激さ
は半端なものではない。

なんとケリーは、ベトナム戦争を継続する政府要人を暗殺して
クーデターでベトナム和平をめざす!という超過激なテロ組織
にも関与していた!

ともかく、凄まじい反戦運動の経歴をもつ男を、オバマは意図
して国務長官に据えたのだった。
その全米一の反戦政治家・ケリーは、国務長官就任前から、
米国戦争屋の北朝鮮攻略の全容を把握していた。
これは、戦争屋勢力の各所に紛れ込んでいるケリーの「仲間」
からの「諜報」によるものである。

ベトナム・アフガン・イラクからの退役軍人の過酷なトラウマ…、
この今も激しく痛む古傷を共有する彼らの「連帯」は、戦争国家
アメリカの国家的なトラウマでもある…。
(つづく)

http://grnba.com/iiyama/index.html#st04191

そして190センチの大男

この勢いでTPPも潰してくれよw

オバマはんw
なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか