FC2ブログ

発酵と腐敗

◆2013/04/18(木) 戦争屋の謀略を止める政治家 (6)

世界の支配者は誰か? という議論がある。
何千年も前のルーツ探しをしたり、ロス茶だ 六フェラだと家系
や系図を調べたりする勉強家(ペダンチスト)が探求している。

だが、ペダンチスト達は静態的な分析ばかりで、ただいま現在
の「支配者」達の激しい指導権争い、権力闘争をダイナミックに
分析することはできていない。

たとえば、六フェラ家はディビッドが間もなく死ぬので、ジェイの
天下になる。すると世界支配の体位も劇的に様変わりする。

ヒラリーの首を切っただけで、米国戦争屋はアジアに大移動だ
し、その後のヘーゲルとケリーの主導権争いも気が抜けない。

そのヒラリー婆さんが次期大統領になる可能性大!と分析する
政治学者もいて、米国戦争屋は一縷の望みを託すとUーし…。

支配の主体と支配の構造は、ダイナミックに変遷するのだ。

さて今…、
世界を支配しているのは多国籍企業と言われる国際資本だ。
この国際資本は、「戦争屋系」と「平和屋系」。この二つに分類
できる。

「戦争屋系」は、国際紛争や戦争を儲けの手段にしている。
最大利潤は、戦争を仕掛けて一つの国の国家体制をツブして、
その国を丸々喰らい尽くす! この利潤と利権は巨大だ。
この手法でヤラれたのが、イラクであり、リビアであり、現在は
シリアがヤラれていて、次は北朝鮮だ!と 戦争屋は皮算用の
まっ最中だった。

その矢先に…、
『朝鮮半島での戦争は駄目だ! ヘタな挑戦はするな!』
と、待った!をかけたのは、もちろん「平和屋系」の勢力だ。

「平和屋系」には、金融系、商業系、工業系、農業系。様々な
勢力があるが、どれも「戦争で市場が混乱したり、通信網が
戦争で遮断されたりすると商売にならない!」という分野だ。
やはり…、
真っ当な商売(ビジネス)には平和で平穏な経済環境が必要!
鼠ワケだ。
(つづく)

http://grnba.com/iiyama/index.html#st04181

戦争屋は腐敗の原理を
見事に人間社会で利用していると思う

ある程度の集団コロニーを作る。
これは人間社会で言うところの、
派閥、カルト、マルチ。

会社や役所や町内いたるところに、
ある程度お金と地位を持たせた
誘導工作員を配備して、
詐欺や策略や謀略の仲間を増やす。

コロニーさえ形成できれば
うまくいけば大繁殖。

庶民は決して善玉菌じゃなく、
日和見菌で、
大きな勢力の方へ「加担」するしねー。

でも、結局は
腐敗菌は腐敗しかできず、
自滅する運命。

生命あるところ、発酵菌が
また復活する。

今は弱りきった(ぼろが出まくった)戦争屋が、
悪あがき真っ最中。


でかい組織に見せかけてるだけで、
複数IDとりまくって、自作自演カマしてる

複数で動いて賛同者が多いと見せかけてる

PTAのおばはん連中なんて、
まさにそうやん
センコーとつるんで、権力振りかざしてるけど
あいつらの絶対人数は、少ない!
数えてやったら?w
全員集まったところで、
挙手させてみたら?

え?てゆーくらい、少ないでwww

そんなのは、ボコってぼこって
ぼこりまくれば良いのだ


人生気合!!!

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか