FC2ブログ

電通の呪い?!

電通
電通本社ビル 設計
地図

海外展開は欧米の大手広告グループと比べると非常に弱く、海外での認知度も低い。その為に、近年は欧米の広告グループとの提携に力を入れており、2000年(平成12年)には、アメリカ合衆国の「レオ・バーネット」などと共に、広告会社グループ「bcom3」を結成。2002年(平成14年)以降は、レオ・バーネットを買収したフランスに本拠を置く世界有数の規模を持つ広告代理店「パブリシス」グループと資本提携関係にある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E9%80%9A

電通 戦略十訓

1.もっと使わせろ
2.捨てさせろ
3.無駄使いさせろ
4.季節を忘れさせろ
5.贈り物をさせろ
6.組み合わせで買わせろ
7.きっかけを投じろ
8.流行遅れにさせろ
9.気安く買わせろ
10.混乱をつくり出せ


汐留は呪われているのか

【政治・経済】

2013年4月27日 掲載

“凶事”が続く パナソニック、資生党、全日空…

<兜町は「風水がよくない」>

 呪いか、それともただの偶然か? ジンクスを重要視する株式市場で「汐留」が話題になっている。

 東京・港区の汐留地区は新橋駅にもほど近く、商業施設や企業の本社が入る高層ビルが立ち並ぶ。

「汐留にオフィスを持つ会社が、なぜか次々と業績不振に陥っているのです。パナソニックは2期連続で7000億円を超える赤字だし、全日空はボーイング787の事故の影響が懸念されます。そして資生堂は突然のトップ交代で、業績悪化が表面化した。汐留は風水が悪いのではないか。そう囁かれているのです」(兜町関係者)

 風水を持ち出すあたりは、アノマリー(根拠のない理論)好きの兜町ならではだ。とはいえ、風水は昔から日本に根付いている。江戸城(皇居)は鬼門の方角に寛永寺(上野)があり、裏鬼門には増上寺(芝公園)が置かれた、とされる。店の入り口(玄関)に盛り塩をするのも風水に由来する。

「汐留の高層ビル群は東京湾の気の流れを乱したといわれます。風水的には『竜の通り道をふさいだ』となるらしい。それが相次ぐ凶事の原因でしょうか……」(前出の兜町関係者)

 そういえば、数年前に女子アナの自殺が続いた日本テレビの本社も汐留だ。企業リスク研究所の白木大五郎代表が言う。

「風水的にどうなのかは分かりませんが、埋め立て地の汐留は大地震による液状化が心配です。そういう場所にオフィスを置くこと自体リスキーです」

 株式アナリストの黒岩泰氏も指摘する。
「水を連想させる海や池、沼、汐などが地名につく地区は、もともと地盤がゆるい。企業の心臓部ともいうべき本社機能を置くべきではないでしょう」

 もうひとつ、汐留には風水的に気になる事象があると市場関係者は言う。
「あるビルの外観です。ビルの一方が先のとがった刃物状になっています。風水では、その先にある建物は切られ、よくないことが起こるとされます。“刃物ビル”が切ったのは日本テレビと資生堂でした」


 香港では80~90年代にビルの形状や高さなどをめぐる銀行間の“風水戦争”が現実に起きている。風水を、たかが迷信と侮ってはいけない。 .

http://gendai.net/articles/view/syakai/142165

電通は、表向きはアメリカのパシリですが、
ユダ金にそそのかされ、
フライパンを振り回して自国の王をぶっつぶし、
「不自由の女神」をアメリカに送りつけた、
おフランスのパシリですwww

てことは、フランスの呪いか?w

ちなみに、フランスのパリは、
教会まみれですが、
キリスト教信者はほっとんどおらず。

しかも、ミイラまみれ・・・。
パリの協会は、
ミイラを飾りまくってる所が多い。
パリサイ派偽ユダヤ教会。
人殺しへっちゃら穀潰し坊主集団。

その昔、フランス人の女の子が、
パリは狂った灰色の街、といっていた。

その狂った支配者の、アメリカ経由の植民地日本は、
もーーーーーーーーーっと、狂ってるけどねwww

フランス革命のあの混乱
庶民に「正義」をかたり、「自由」を訴え、
混乱させ、ぐちゃぐちゃにし、
何が正しいのかわからなくし、
庶民に王室を「潰させた」あの手口。

10.混乱をつくり出せ

今日本は、何が正確なのか、
わけわかめの混乱状態。

政府VS反政府 原発推進VS反原発
資本主義VS民主主義

左翼VS右翼も

全部、電通の罠やしなwww

どれも、核心から目をそらす、
なんちゃって対立で、
どーでもいいことで、お茶を濁す

なし崩し混乱記
なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか