FC2ブログ

「劣化ウラン」ドラム缶3,400本

山口県の化学工場でプラント爆発・炎上 1人死亡、17人重軽傷

フジテレビ系(FNN) 4月22日(日)12時13分配信
山口・和木町の化学工場で22日未明、プラントが爆発して炎上し、作業員1人が死亡、11人が重軽傷を負った。また、この爆発で、周辺の住宅などの窓ガラスが割れるなどし、住民6人がけがをしている。
事故があった山口・和木町の三井化学岩国大竹工場の会社事務所は、爆発があったプラントからおよそ350メートル離れているが、爆発の衝撃で、ドアガラスが粉々になっている。
22日午前2時15分ごろ、タイヤの接着剤を作るプラントが爆発した。
会社側によると、事故の前に機械トラブルが起き、プラントの停止作業をしていたところ、突然、爆発・炎上したという。
この事故で、作業員の砂川翔太さん(22)が死亡、工場内の作業員11人が重軽傷を負ったほか、周辺の住民6人が、割れた窓ガラスを踏むなどし、けがをしたという。
火の勢いは収まりつつあるが、午前8時すぎには、同じプラントのタンクが爆発するなど、周辺住民は不安を募らせている。
近所の人は「2階で寝てたら、ドーンという大きな音がしてね。一瞬ね、何があったかわからなかった」と話した。
顔などに軽傷を負った母子は「ガラスが降ってきたので、息子を守らないといけないから、とっさに布団をかぶせて、ちょっと収まるまで様子を見て」と話した。
また、この工場には、放射性物質である「劣化ウラン」が入ったドラム缶をおよそ3,400本保管しているということだが、異常はなく、被害もなかったという。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20120422-00000770-fnn-soci

三井化学岩国大竹工場爆発事故について

2012年4月22日、三井化学の爆発事故については工場内にウランがあったということで、近くに住んでいる人に不安を与えている。新聞やネットを中心にして報道されていることから推定してみた。

工場内にウランがあったとすると、ウランは呼吸で肺に入ると危険だが、胃に入る分にはほとんど影響がない。だからハッキリわかるまで数日、マスクをしておいた方が良い。まだその点の発表はない。だから少し気をつけた方が良い。

爆発の状態から直ちに逃げる必要はないと思われるが、風下(当時の動画から見ると、海から垂直に近い形で煙が内陸に向かっている。距離は3キロぐらいまでの注意と考えられる。

もともと、化学工場にあるウランは触媒として使われていたか、使っているもので、おそらく形はシリカゲルのようなものに付着(担持という)したもので微粒子である。マスクで止まる。

大切なことは、ウランの拡散状況を一刻も早く発表することで、工場の原因追及より住民の安全の方を優先し、報道もそちらに重点を置く方が良い。会社の発表と報道を見ると、毒物の拡散より、事故原因、被害状況に重点が置かれている。

自衛策としては、風下3キロぐらいの範囲で、あまり粉を吸わないことが大切と思う。

「tdyno.67-(3:34).mp3」をダウンロード

(平成24年4月23日)

追記: ウランが飛散して人体に影響があるレベルであっても、放射線を測定しても出てきません。ウランの放射線は弱いし、アルファ線なので測定はなかなか困難です。ただし、微量でも肺に入ると問題が起きます。だから「線量率は低かった」というのは「安全」とは無関係です。外部被曝はありません。だからマスクさえすれば大丈夫といえます。


武田邦彦

http://takedanet.com/2012/04/post_2d29.html

何が本当かは、メディアは言わない。
何処まで本当か嘘かわからない。
できることはやっておいて損はなし。

マスク着用!
なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか