FC2ブログ

菅直人を吊るせ!

菅電死

◆2012/01/25(水) ありがとう! 阿修羅!

鷲が書いた『http://grnba.com/iiyama/index.html#rr01222" target="_blank" title="菅直人を吊るせ!">菅直人を吊るせ!』という一文に火がついて…、
掲示板http://www.asyura2.com/12/senkyo125/msg/238.html" target="_blank" title="『阿修羅』のコメント欄">『阿修羅』のコメント欄が、一時は、「吊るせ!」の大合唱になった。
その高揚が、やや下火になった感じもするが、まだ燻(くすぶ)っている。
コメント欄に書かれた多くのコメントを読みすすめていくと…、
こんな国に住まねばならないことの苦しさや、悲しさや、たとえようもない
辛さが、ひしひしと伝わってきて、胸が打たれるおもいだ…。
その胸の痛みを何とか掻き消そうと、鷲は、次のような文章を書き置いた。


「菅直人を吊るせ!」

こんな↑激しく野卑なシュプレヒコールに、びっくりするほど多くの方々が
唱和されたというのは、昔(311以前)なら、恥ずかしく、また許されない
ことです。

しかし…、
いま、「菅直人を吊るせ!」 とかと、激しい憎しみと激烈な怒りを込めて
叫んでしまいたい憤怒と激怒の感情、いや、激情が、この国には充満
しきっています。
そのほんの一部が、ココで噴出した…、ということなのでしょう。

ただし…、
「菅直人を吊るせ!」と私たちが声の限りに叫んでも、菅直人を絞首の
刑台で吊るすことは絶対にできません。
逆に、「叫び」(国家叛逆)を主導したリーダーが吊るされてしまう可能性
のほーが高い! この国は、そーUー国になってしまっているのです。

その証拠が、石井紘基が刺殺されたという事件です。
この残虐きわまりない事件の背後の闇には、菅直人が隠れていました。

石井紘基は、無残にも、菅直人に吊るされ、刺殺されてしまったのです。

そんな残虐非道な殺人政治であることを知り抜いていても…、
それでもなお、私は、実名で、逃げず、ブレず…、大声で…、
「シュプレヒコール! 菅直人を吊るせ!」
と叫び続けていく所存です。

とまれ、沢山の皆さまの衷心からの声をお聞きした結果…、飯山一郎、
あらためて大きな勇気がわいてきました。ありがとうございました。

皆さま、ほんとうにありがとうございました。    (飯山一郎拝)

   \( 飯山一郎は、カッコつけ杉だー! )/

             \( そーだ! すっこめー! )/

PS 五月蝿い! ↑ ↑ ↑ テメーらこそスッめ! つの。


http://grnba.com/iiyama/index.html#rr01253

石井こうき刺殺事件
これは絶対忘れてはいかんー

あそこから日本の完全乗っ取りが始まってんし

しかし、いちろーじーちゃん、元気やなwww
なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか