FC2ブログ

汚染防護服山積み

<福島第1原発>練習場隅に防護服山積み…Jヴィレッジ公開

毎日新聞 11月11日(金)21時22分配信

防護

防護服や全面マスクにつけるフィルターなどの廃棄物が、Jヴィレッジの中にあるサッカー練習場に集められていた=福島県楢葉町で2011年11月11日午後1時53分、代表撮影

 東京電力福島第1原発事故の対応拠点「Jヴィレッジ」(福島県広野、楢葉両町)が11日、事故後初めて報道陣に公開された。日本代表も合宿するサッカーのトレーニング施設は現在、事故収束の前線基地に一変。スタジアムを作業員の寮に、11面あったフィールドを車の除染場、資材置き場、駐車場などに活用している。12日には、細野豪志原発事故担当相への同行取材の形で、同原発が報道陣に初公開される。

【写真特集】福島第1原発 練習場の隅に防護服山積み…Jヴィレッジ

 同原発の南約20キロにあるJヴィレッジの敷地は、「警戒区域」の南端をまたいでいる。寮など作業員の生活空間を区域外に配置する一方、除染場などは区域内に設置。平日は約3000人が利用する。

 午後1時50分ごろ、同原発から作業員が戻ってきた。防護服を脱いだ体を、ゲートモニターという機械に入れ、放射線量を測定する。約10秒で判定されるが、正常値を超えた場合は除染を受けることになる。内部被ばく量の測定機は計12台整備され、作業員は月1回検査を受ける。記者も椅子型のカウンターに座り検査を受けると1分後、モニターに「正常値」と表示された。

 雨天練習場の隅には、使用済みの防護服など、放射性廃棄物を入れたポリ袋が積まれ、それらを詰めた1立方メートルの鉄製コンテナ約4000個がハーフコートの一部を埋めていた。あと2000個は置けるというが、処分方法は決まっていない。【笈田直樹】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111111-00000121-mai-soci

着払いで東電へ
あたりまえやん
なにぬかしとんねん
なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか