FC2ブログ

インディアン虐殺と倒幕テロ



1933年にラジオドラマが放送されて以来、アメリカン・コミックス化、テレビドラマ(1949年-1958年、全221話)化、映画(1956年・1958年・1981年)化もされた。

2009年現在、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズによる映画が製作予定。

日本ではテレビドラマ版が1958年からテレビ放映され、黒い仮面をつけた主人公が白馬にまたがった姿が、アメリカ版『鞍馬天狗』として親しまれた。ネット系列はKRT→TBS系列→フジテレビ系列(但し関西地区では当番組は関西テレビ放送にてネットされた)。

主人公ローン・レンジャーが愛馬シルバーを発進させる時の掛け声「ハイヨー、シルバー!(Hi-yo Silver)」や、相棒であるステレオタイプなインディアンの青年・トントの台詞「白人嘘つき。インディアン嘘つかない」(これは白人がインディアンに対し欺瞞で収奪を繰り返して来た事への批判である)、トントが主人公を呼ぶ言葉の「キモサベ」などの流行語を生んだ。ローンレンジャーとトントは、オーロラ社からプラモデルが発売されるほどの人気を得た。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC


ジョニー・デップ出演の映画『ローン・レンジャー』、ディズニーが製作を中止に

シネマトゥデイ 8月14日(日)15時58分配信

ジョニー・デップ出演の映画『ローン・レンジャー』はナシに
 ジョニー・デップが出演予定だった映画『ローン・レンジャー(原題) / Lone Ranger』が、予算についてスタジオと製作陣の意見があわず、中止となってしまった。

 この企画は、1940年代の終わりから50年代にかけて放送されていたテレビシリーズ「ローン・レンジャー」を映画化するもので、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのゴア・ヴァービンスキー監督とプロデューサーのジェリー・ブラッカイマー、そしてジョニーというゴールデンタッグで再結成するとあり、期待が寄せられていた作品。2012年12月に公開へ向けて製作準備が進められていた。しかし、製作スタジオのディズニーと、ブラッカイマーやヴァービンスキー監督らの間で予算をめぐって対立が起こってしまったという。ハリウッド・リポーター紙によると、スタジオ側はヴァービンスキー監督にきっちりとした製作予算を伝えていたが、ヴァービンスキー監督はそれが不満で、関係者は「ゴアは、映画が必要とするものを譲歩したくないんだ」と語っている。

 本作は、ジョニーがローン・レンジャーの相棒トントを演じ、ローン・レンジャー役には映画『ソーシャル・ネットワーク』のアーミー・ハマーが決まっていたが、ジョニーというトップスターの起用もギャラがかさむうえに、ディズニー側は西部劇というジャンルについても、7月に全米公開された映画『カウボーイ&エイリアン』が不調なことで懸念があると見られている。

 ディズニーとヴァービンスキー監督、ブラッカイマープロデューサーは『パイレーツ』シリーズで大成功を収めた関係だけに、またジョニーは本作でトント役を演じることを楽しみにしていたこともあり、この企画の中止で『パイレーツ』シリーズ5作目の製作にも響くのでは? とも言われている。ディズニーのスポークスマンはコメントを出していない。(竹内エミコ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110814-00000008-flix-movi



「神は言われた。白人を信じるな、と。」

アメリカのインディアン虐殺と江戸末期は同じ時期。

インディアン虐殺を知っている国民と、
コロリ散布、米買占めの食料飢餓画策、倒幕テロを知らない国民。

どちらがまともでしょうか?
なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか