FC2ブログ

アンサイクロドラマ「平清盛」

平清盛
出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: ナビゲーション, 検索
Hammer and sickle.png

本項目は共産主義者によって書かれた。

ソビエトロシアでは、テンプレートはお前を加える!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「平清盛」の項目を執筆しています。
「平家でも何でもいいから信長を倒し・・・・、信長も平家じゃと!?死ねえええええ!!!!」
~ 平清盛 について、足利義昭


平 清盛(たいら の きよもり)は日本を代表するエグゼクティブサムライである。公家の使いパシリとして忍耐の下積み時代を過ごし、叔父と敵味方に分かれたり、ライバル源義朝との血で血を洗う激戦の果てに平家による政権を樹立。彼の時代に平家は黄金期を迎える。だが晩年にはアスペルガー症候群をわずらい、誰彼構わず粛清するようになり、愛息平重盛にも先立たれるなど不幸な晩年を送った。全ての人間にあらゆる幸福、富が均等に配分される理想のユートピアを作る夢を抱いており、日本で始めて共産主義を唱えた人物であった。

平忠盛の嫡男として誕生する。幼い頃から聡明で、おしゃぶりが取れない頃から高位に叙任されていた。しかしその身体はおおよそもののふとは思えないほどヒョロヒョロであり、性格も気弱であったためいぢめられっ子であった。殿中で会うたび公家から謗られ、道端でたむろしてるゴロツキなどからも絡まれ、自殺未遂事件も起こした。しかし、いじめ自殺の多い時代に「今こそ改革せねば!」と思い、いじめを無くすために天下を取ることを決意。平治の乱においては、今まで自分を散々虐めてきた憎き敵である藤原信西と藤原信頼を同士討ちに近い形で葬り、さらにジャイアンを思わせる粗野な性格が何となく気に入らなかった源義朝を討ち取り、清盛は武家勢力の第一人者として京都に君臨、飛ぶ鳥を落とす勢いで出世し、ついに念願であった文部科学大臣になった。

宋との貿易で手に入れたプラトンの書物を目にした清盛はその思想に傾倒し、共産主義を標榜するようになるが、ブルジョアジー層の朝廷や寺社勢力から反発を買う。清盛はこれらの反対運動に対して禿と呼ばれる日本版のKGBを組織し、不穏分子を取り締まった。

清盛は教育にも熱心であり、全国の子供たちの相談を日夜受け、次々と問題を解決していった。そしてそのついでにその子供達に共産主義の素晴らしさを浸透させ、洗脳を施した。子供たちの支援もあり、太政大臣になった清盛は天皇家に自分の娘を嫁がせる。そして孫の皇子(のちの安徳天皇)が生まれ、清盛は孫をメッチャクチャ可愛がり、全てが順調に思われた。

しかし、孫が後白河法皇らにいじめられて泣いている姿を見て清盛は激怒。いじめっ子を皆殺しにし、権力を濫用し、いじめっ子は全員死刑とする法律を制定する。しかし、鹿ヶ谷事件などではいじめっ子の嫌疑がかかった人物を証も確かめずに斬罪、遠島に処するなど、この頃から清盛の性格は激変する。孫を虐める奴は許さないもんねと、特にいじめっ子を多く輩出してきた源氏に熾烈な弾圧を加えるようになる。ミイラ取りがミイラになるように、いじめられっ子が力を手にしてしまった事でいじめっ子に豹変してしまったのである。そして耐え切れなくなった源氏が挙兵に踏み切り、ついに源氏と平氏の間で大戦争が勃発した。清盛はいじめっ子殲滅のための「絶滅戦争」と称し、一族の者に命じて源氏討伐をさせた。しかし、子供たちの相談を夜も寝ないで引き受けた長年の疲労も会って清盛は熱病にかかる。そして清盛は子供たちのことを案じながら静かに息を引き取った。

極悪人と評価されることも少なくない彼であるが、近年はいじめを撲滅しようとした功績が評価されている。その功績もあって2012年の大河ドラマの主役として選ばれた。

http://ansaikuropedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%B8%85%E7%9B%9B

すっとぼけながら、
大嘘と真実が絶妙に絡み合った、
このサイトが大好きなきのこ18歳です。

今日もおはだぴちぴちです。
なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか