FC2ブログ

寺子屋

庶民の家庭では、主に寺子屋や郷校を利用して子どもに教育を受けさせていた。特に江戸や大阪などの都市では、学問を身につけていれば奉公に有利ということもあり、男女問わず寺子屋に子どもを通わせる傾向にあった。商人の男の子では、この寺子屋の入門期間を終了して10代で奉公に出ることが多かった。また女の子は、武家への奉公や良縁につながることから、寺子屋で学問と同時に裁縫を習ったり、三味線、琴、踊りなどのお稽古事に通うこともあった。たくさんの習い事をしている女の子は、毎日早朝から夕方までかなり忙しかったというから、夜遅くまで塾通いをする今どきの子ども並みに疲れていたのかもしれない

http://money.goo.ne.jp/column/story/07/index0712.html

江戸時代の子供たちはこうだった
なのに、明治になると、
野麦峠やおしんになるwww

明治政府は超A級戦犯で、末代にいたるまで、
呪われるべきだなw
なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか