FC2ブログ

愛子様、宮内庁、ウィルステロ

皇太子

何故朝鮮宮内庁は、

ただのどうでもいい子供にありがちな

学校ネタをわざわざ公表し、

朝鮮電通マスゴミを使って大げさに騒ぎ立てたのか。

何故、急遽、皇太子がアフリカ行きなのか?

皇太子を盾にアフリカの野口ウィルス研究所へ行き、

検疫無しでウィルスを日本に持ち込むためです。

これを隠すためです。

倒幕から、皇室はずっと「捕虜・人質」でした。

皇室はずっと政治利用されてきました。


地下鉄サリン事件は、

日銀と朝鮮宮内庁による隠し資産をはぐらかす

テロであり予行練習でした。

オウムは朝鮮賊が作ったカルトです。


巨大ウィルステロをやる気です!!!

エボラ出血熱です!!!洒落になりません!!!

もう、妄想であろうが、どうとでも言って下さい!

とにかく、先手必勝!させてはならぬ!!!


皇太子一行、全員を検閲しないといけません!!!



■愛子さま、通学できず=「乱暴な子」不安訴え-宮内庁
3月5日15時57分配信 時事通信

 皇太子ご夫妻の長女で、学習院初等科(東京都新宿区)2年の愛子さま(8)が今週に入り、通学時に強い不安感と腹痛など体の不調を訴え、学校を休まれていることが5日、分かった。乱暴な児童が複数いるためという。
 宮内庁の野村一成東宮大夫が定例記者会見で明らかにした。
 野村大夫は、同じ学年の児童が愛子さまを含めた子供たちに乱暴しているとした。一方、学習院側は記者会見で、愛子さまに対する直接の暴力行為やいじめを否定している。
 野村大夫によると、愛子さまは先週、風邪で37度程度の熱があり、学校を何日か休んだ。今週に入り風邪は回復したが、2日に早退して以降、再び登校していない。宮内庁と学校側が調べたところ、乱暴なことをする複数の男子がいるのが原因とみられるという。
 一方、学習院によると、昨年7月から11月ごろにかけ、同じ学年の数人の男子がかばんを投げたり、廊下をすごい勢いで走ったり、大声を出したりしていた。
 東園基政常務理事は、2日に愛子さまが帰宅する際に「廊下を男の子が走ってきて(愛子さまに)ぶつかりそうになったようだ」とし、「(昨年を)思い出されて怖い思いをしたのではないか」と話した。
 野村大夫によると、終業式は16日。愛子さまはぜひ通学したいという気持ちという。同大夫は、皇太子ご夫妻についても「通学には非常に慎重に考えておられるのではないか」と述べた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100305-00000100-jij-soci

■アフリカへ出発される皇太子さま
3月6日13時8分配信 時事通信

鳩山由紀夫首相(右端)らの見送りを受け、アフリカへ出発される皇太子さま。ガーナでは野口英世アフリカ賞記念シンポジウムに出席、ケニアでは動物保護区も視察。15日に帰国する(6日、羽田空港=代表撮影)(時事通信社)最終更新:3月6日13時8分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100306-00000014-jijp-soci.view-000

■宮内庁発表にヤンキー先生激高「あまりに信じられない」
3月6日8時0分配信 スポーツ報知

 宮内庁の野村一成東宮大夫は5日、定例記者会見で、皇太子家の長女で、学習院初等科2年の愛子さま(8)が、同学年男児の乱暴な振る舞いを理由に、1日からほとんど登校できない状態になっていることを明らかにした。

 北海道で教べんを執っていた「ヤンキー先生」こと自民党の義家弘介参院議員(38)は、愛子さまのニュースを知り「あまりに信じられないことで、体が震えた」と語った。宮内庁の会見や学校側の記者会見の内容を注意深く見守る中で、最も疑問視したのが宮内庁の対応だ。

 「報道の内容を見ると、事態が解決する前の不安定な状態で、抽象的な内容が発表されている。それを知った愛子さまがどう感じるか。非常な危機感と、何か特別な意図のようなものを感じざるを得ない」とした。

 また、多くの不登校の子供たちと向き合ってきた経験上「3月の不登校は、数ある不登校の中でも最悪」と指摘する。4月にはクラス替えも含めて環境が変わるため「ネガティブなファクターを抱えて4月を迎えるのは一番よくない」と指摘した。

 宮内庁が発表した「乱暴な行為」が、相手が愛子さまだったから行われたのか、それとは無関係だったのかは不明。義家氏は「どちらにしても大問題。意図なくやったならば『皇室のご子息を受け入れてきた学習院の伝統はどうなったんだ』という話だし、意図があったなら、それこそ日本の危機」と憤慨する。

 「陛下の政治利用の問題、日教組では人を育てるべき教師たちが選挙運動に精を出していることも明らかになった。これは1つの学校で起きた不登校問題では済まされず、日本の根幹を揺るがす、大問題ととらえるべきだ」と警鐘を鳴らした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100306-00000046-sph-soci


追記:FUJIKOちゃんがきちんとした文章でまとめてくださいました。
http://fujico55satake.blog25.fc2.com/blog-entry-234.html#comment259


追記:朝鮮宮内庁と内密な関係のある一派暴露

「愛子さま不登校」世界を駆けめぐる…海外メディア一斉報道
3月7日8時1分配信 スポーツ報知

 “愛子さまショック”が全世界に広がっている。皇太子ご夫妻の長女で、学習院初等科2年の愛子さま(8)が、同学年男児の乱暴な振る舞いによる強い不安感や腹痛を訴え、1日からほとんど登校できない状態にあることが明らかになった問題に対し、米英など世界中のメディアが「悲しきプリンセス」「いじめにあった」などと報じた。

 現在、世界中には日本を含め、20以上の王室が存在する。皇族としては異例の“不登校”に、英国など世界の「王国メディア」を中心に全世界で大きく報じられた。

 ▼英国で 憲法で「国王は君臨すれども統治せず」とされ、国王を重んじる同国。デイリー・メール紙では「愛子さまは“バイオレント・ボーイズ”(凶暴な男の子ら)の影響で、学校を休んでいる」と説明。第2次世界大戦終戦時の天皇として世界中で知られ、愛子さまの曽祖父にあたる昭和天皇の写真とともに伝えた。タイムズ紙のオンライン版は「精神的ストレスで学校に行けない」とした。

 ▼タイで バンコク・ポスト紙では、真剣な表情で文字を書く訓練をする愛子さまの写真を紹介し「乱暴な男の子のせいで、日本の王女が学校に行けない」と報じた。古くから日本皇室と密接な関係をもち、両国の皇室、王室メンバーの公的、私的訪問が頻繁に行われているだけに、愛子さまが被害にあった事実を強く示した。

 ▼スペインで エル・ムンド紙では、愛子さまが昨年10月に行われた運動会でのリレーで1位に輝き、両手でガッツポーズして笑顔を見せる写真を大きく掲載。小学校への登校できない愛子さまに対し「王女愛子は、学校で悩む“悲しきプリンセス”だ」と批評した。

 ▼オランダで 皇太子さまがウィレムアレクサンダー皇太子の結婚式に出席するなど古くから皇室との親交は深い同国でもトゥロウ紙が報道。「日本の王女が、学校でいじめられている」と“不登校”の原因を断定的に報じた。

 王国以外でも、世界各国で報じられた。

 ▼米国で ABCニュースは「日本の皇女が小学校で男子児童にいじめられ、数日間欠席している」とし、登校できない原因としてあたかも「いじめ」が決定的であるかのように報道。「異例ともいえる日本の皇室のプライベートな出来事を垣間見た」と伝えた。

 ▼オーストラリアで シドニー・モーニング・ヘラルド紙は「ワイルドな男の子のせいで、日本の王女が強い不安を感じて不登校」とした。

 ▼ブラジルで グローボ紙では「皇太子さまの唯一の子供が、東京の学校でいじめの犠牲者になっている」と報じ、地球の裏側まで“愛子さまショック”が広まった。

 【関連記事】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100307-00000032-sph-soci
なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか