FC2ブログ

手つくりと自然素材


    

何で「手作り」や「ハンドメイド」をする人たちがいるかというと
化繊や化学繊維や塗装が
キモチワルイからなのです。

木工製品なんて、薬物の塗装まみれです。
それに食品を入れて、飲んだり食ったりしているのですが。
だから、最近、自分で木の食器を作るのも流行です。

ぎのごちゃんはそれで着物リメイクにはまりました。

最近ではテントもコットンの軍幕が人気です。

日本では日本原産の大麻の栽培がほぼ絶滅状態ですが
日本という独特の気候で育っていた原種で
品種改良も遺伝子組み換えもされていない大麻の繊維は
非常に良質で、柔らかくてつるつる光って
絹以上の品質でした。

だから祭事で使われる布類は、ほとんどが大麻繊維だったのです。
ヤフオクでは昔の大麻の繊維の古い着物が出ていたりしますが
めちゃくちゃ高額になります。

あのしなやかさが日本人に知れ渡れば
驚くだろうな。

日本すごすぎ!って。
縁起物の布の柄も、麻の葉模様が多いです。

大麻は麻薬!危険!というスリコミで
大麻が繊維素材だったということを
完全に忘れてしまったほとんどの日本人。

そもそも、酒と同じで
大麻吸引にはまりまくるアホはいないし
完全無添加の酒も大麻も「中毒性」はないし
覚せい剤のような危険な薬物と同系列で語る事が本末転倒だし

そもそも、遺伝子組み換えと添加物まみれの大麻は合法化しよう!って
クルクルパーチクリンでしょ、サヨクって。
偽善エコロジストってうざいわぁ。


というわけで、無塗装の自然素材で
編み物や裁縫をしてみてください。
着心地全然違うからー★

そして、裁縫は苦手!って人は
蜜蝋ラップを作ってみてください。

やってみる!さわってみる!がだいじ。





蜜蝋ラップ?!



   

昔の布のテントはこの原理で防水されていました。
テント全部、蜜蝋べったり!!!w

なんて昔のテントは贅沢なんだw

今でも蜜蝋防水の布のテントは高いよ。
布の軍幕テントが何で人気があるのかわかってきた?

軍幕は究極のエコロジーなのだ。

ていうわけで、蜜蝋ラップを作ってみてね!

木工旋盤への道



木工旋盤の台があれば!

鍋のつまみが造れる!
テーブルの足が造れる!
コップと皿が造れる!


ウレタン塗装の木の食器がキモイので
自分で作れないかな、と。


でかい旋盤じゃないと
径の大きい皿とかは無理なのかな?



 

湯たんぽの季節はシルクのカバー

    

エアコンの乾燥したあの「空気感」が苦手で
石油ストーブのあの「臭い」も苦手です。

起きてるときは、着こんで、電気毛布を肩にかけて、
ヒーター内蔵の手袋が良いと思いますが
寝る時だけは、化繊や電気は苦手なので
フニフニ湯たんぽ2個使いです。

湯たんぽカバーが化繊でキモチワルイし、低温やけどをしないように
バスタオルをぐるぐる巻きにして
正絹白紬のカバーに入れて使っています。

めちゃくちゃ気持ちいいです。


関西は突然の寒波でしたが
湯たんぽ2個で余裕でした。


枕と違って湯たんぽは重いし布団の中で
もまれまくるので
分厚い生地じゃないとすぐにダメになります。

分厚いめの無染色の正絹がゲットできたら
作ってみてくださいね!

まじで気持ちいいから♪w

宇野昌磨と唐草風呂敷



  

浅田真央ちゃんが宇野昌磨君に
唐草模様の風呂敷をプレゼントして、おそろらしい。

そして唐草模様の風呂敷が
売れまくっているそうです。

あひゃひゃw



ぎのごちゃんもスーツケースの中身は
風呂敷でひとまとめにしています。

便利いいです。

正絹などの風呂敷もありますが
雑に扱えてガシガシ洗える「綿」が良いと思います。

いざとなったら頭巾やマフラーにできて
防寒にも役立ちます。

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか