FC2ブログ

オソロシアで日本人ツアーコンダクターが軍に拉致られる




数年前に聞いた話

ある日、日本人ツアーコンダクターが
ツアーの企画のためにロシアに。

空港で「ロシアで地元の人しか知らないお薦めの観光地はどこ?」と尋ねると
空港職員がざわつき始める。

その直後!!!

ロシア軍が重装備でツアコンを囲み
空港は一瞬で物々しい雰囲気に!

「こっちにこい!!!」という仕草。

「た・た・たいほ?!何かした?!え・え・えーーー」

拉致られるコンダクター。



軍用機に押し込まれ、飛び立つ!

もう人生おわりだーーーーー!
誰かたすけてーーー!!!

その後そのツアーコンダクターはどうなったかというと


軍用機でロシアの秘境を案内されたのでした(爆w)




ぎのごちゃんをおちょくるために
大袈裟に話したのでしょうが



日本では総理がブルーインパルスに乗っただけで
サヨクと共産とマスゴミが
「他国に戦争をしかけるつもりか!」と大袈裟に叫び

大震災が起きても「違憲じゃけぇ」と
被災地に自衛隊を急行させず

自衛隊が飲料水を運ぶと追い返す。

そして、日本でデモという名の暴動が起きても
自衛隊は治安維持活動をする事すら出来ない。



「軍」というのは、まずは国内の治安維持のためにあるのです。

被災地に急行もできず
水を運ぶと追い返され
「武器の使用の永久放棄 丸腰絶対 憲法9条」で
がんじがらめの「日本の部隊」って何でしょうか?


極左とサヨクが「アンティファ」Tシャツを着て
渋谷署を取り囲み
マスゴミが「言論の自由」をはやし立てる。

いつ何がおきてもおかしくないのに
自衛隊は出動する権限すらありません。

警視庁はもし、通行人が暴動に巻き込まれたら
それこそどうするのでしょうか?

なすすべはなく、見殺しです。



本気で憲法9条は日本を守るためにある!と
思っているのであれば
頭おかしいから。

戦後から今までずっと
日本はまるごとおかしかったから。



まじでさ、自衛隊の給水車を追い返した事が
一体どういうことか、考えたほうがいいよ。

この国の「護憲派」ってマジキチだから。

カラシニコフの原チャリでシベリアにキャンプに行きたい!







シベリア鉄道が開通すれば
電車一本でシベリアに行けてしまいます!

カラシニコフの原チャリで
キャンプツーリングができます!

すごい時代になったもんです!

え、さすがにカラシニコフが
原チャリなんて作るわけねーだろ?

念じれば通じる法則でがんばります。

もてぎちゃんに、念を飛ばしてください。
ロシアで原チャリツーリング免許を
発行してください!!!って!!!



ロシアのミリタリー小型バイクに
屋根付けて
でっかいコンテナ乗せて
ゆっくりプラプラバイカル一周
「ぴよこ着ぐるみで生配信釣-リング」したいー。

極寒の中でも、快眠してみせます!




食べ歩きと植民地の都市計画と「チョイ椅子」




食べるとそれを消化するため胃に血液が集まります。
しかし、立って歩きながらだと、全身に血が回り
胃に集まりません。胃が動きにくくなる。

ちゃんと消化されないから、小腸大腸にも負担がきて
内臓全体に負担がきます。

座ってゆっくり間で、食べた後もゆっくり休息をとるが理想形。


しかし、では露店販売が悪いかと言うと
日本の江戸では露店が経済を活性化させていた。

あちこちに「座る場所」が設置されていた。

植民地の日本では、都市計画において
表層の見てくれはいいが、人々が「座る場所」がない。
ちょっと疲れた人が、腰かける場所がありません。

「植民地の奴隷は休息なんてするんじゃない。疲れて心臓に負担がきても、発作で倒れるまでたってろ」
これが本音です。

神戸の元町ではこのことに着目し
30年も前から、「座る場所」の設置を進めていました。

あれから30年も経ちますが、日本中を見渡すと
駅前など特に、無駄な広場はあるのに
デットスペースはデットスペースのままで、座る場所はほぼない。

防災のはずの公園でさえ、座る場所もほぼなく
防災の意味を全く有していない。

植民地であろうとした日本の都市計画です。

日本は2017年1月に官邸からネオコンを追い出し
やっとこさ独立したばかりで、まだ2年です。

ネオコンに支配されていた「行政」がそんなに簡単に変わるわけもなく。


で、ぎのごちゃんはどうしているかというと
出かける時はいつも、折り畳みいすを持ち歩いています!

折り畳みいすがもっとも効力を発揮するのが
電車待ちの列に並んだ時!

じっと立ちっぱなしで倒れそうになっても並んでいなければならない。
しかし、ちっちゃい折り畳み椅子なら、他人に迷惑をかけず
座っていられるのです!

街中を歩いている時も、いつでもどこでも、ちょこっと座って休憩できる!
地べたに座ると「ヤンキー」なのではずいし、
うんこ座りは足に余計血がたまるし。

でも、ちっちゃい椅子なら、はずくない!


よって、携帯ちょい椅子をお勧めします。
観光地の露店のちょー美味しそうな「ご当地グルメ」を発見したら
ちょい椅子に座って、楽しみましょう!


    

折りたたみミニテーブルがあれば、さらに便利。

   

キャンプでも美味しいコーヒー!



   

これ、会社でもいいんじゃないの?

美味しいコーヒーを飲みながら
一服したい!!!と思っても
最近じゃ、禁煙喫茶まみれ。

まじむかつく。

だったら、喫煙所で美味しいコーヒーが
飲めればいいじゃないか!

100円ショップのパイプ椅子があれば
さらにいいーーー。

100円のパイプ椅子はいいぞ。
あれ一個あれば、電車待ちも
喫煙所も座れるーーー。

どこでも座れるーーー。
ちなみに、疲れたら通路でも道端でも
座れるーーー(隅っこのほうだが)


室内テントで地震対策

   

テントの中で寝ていれば、万が一ガラスの破片が飛び散っても
それを防ぐことができます。

そしてランタンがあれば、夜中の地震でも灯がともる。

そして防災リュックに入れておくべきは
テントと寝袋だろ、と思うのだがw

そもそも、避難所に行けば
水とカップ麺くらいはあほみたいにダンボールで
山積になるし。

阪神大震災から24年も経つが
防災知識は「アホ」のままである。

もうろくボケじじぃばばぁは、
ゲートボールやってる暇があれば
冬キャンプすればいいと思う。

無駄なゲートボール場は、全部キャンプ場にすればいい。

極寒の中で、テントで寝る訓練。
ボケも止まるんじゃねーの?

と、思うの。


   

   
なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか