丸ごとお茶を食べよう!

平成30/02/20(火)2 飯山一郎,鹿児島湧水町・栗野高原を視察
湧水,大気,農地,すべて清浄
極上の茶を生産する栗野高原
毎日6万トンの清水が湧く「丸池」
丸池

池の底の鮮やかな水色の部分から大量の湧水
丸池2
ヒゲ爺,丸池公園の一角で記念撮影
環境のすべてが清浄な栗野高原の茶畑
茶畑 茶畑2
おどろくほど見事で清浄な茶畑を撮影するヒゲ爺
くりの高原製茶の工場は清潔な雰囲気
製茶工場
この工場には無農薬の茶葉しか入らない.仲間うちの“管理”が行き届いている.
まるごと 鹿児島湧水町・栗野高原に行って,見て,ワシは驚愕した.必ず朝霧・夕霧が湧き,真昼の太陽光は強烈そのもの!これほど茶葉の生産に適した土地は,日本一!だろう.
その日本一の茶葉を,今回,『
ぽんぽこ笑店』が販売できることになった.
その名は
お茶の恵み まるごと 絶品です.
緑茶は日本文化の結晶であり,日本人の健康と,美容と,元気を支える最重要素材です.
飲めば分かります! ワシは大満足です.
飯山 一郎 (72)

というわけで
お茶のレシピがいっぱーいある。

色々挑戦してみてね!www


ジンギスカンは・・・うどん鍋の事だった!



 

知らなかった。
いっつも野菜炒め状態で
残った汁は
捨てていた!

もったいないことしたなぁ。

何で市販のジンギスカンが
あんなにタレまみれなのか
そのなぞは解けた!

よし、うどんいれまくりだwww


またどっかのじじぃに
「どか食いブログ」とかって
バカにされそう。

北海道のゲレンデからイクラが飛んできた!



どーーーーーーーーん!

イクラどーーーーん!

てんこ盛りwww


気分は、私をスキーに連れてってw


ボルシチではなく、ボルシッだー





というわけで、正確な発音は
ボルシチてはなく、ボルシッなのです。


  

今日ぎのご家はサムゲタン

2018/01/02(火)  正月は 読書 養蜂 鯨肉 数の子 キムチかな
蜜蜂が 舞い飛ぶ庭で 読書かな
寒さに弱いので 志布志で日なたぼっこ

上のように写真を思うように貼り付ける作業がワシは好きだ.
3枚の写真をパパパッ!と,狙った場所に貼るのがワシの特技.
それをプログラム言語(HTML言語)だけでパパッ!とヤル.ボケ防止.

それにしても,元旦早々読んだ『プロテスタンティズム』は,目鱗!
なにしろ「宗教改革」のマルティン・ルターは,改革者ではなく…
むしろルターは,保守主義者として,贖宥状で儲けるローマ・カトリック教会に疑問を呈しただけだったのだが…

しかし,ルターの「疑問」は,「告発」として強引な解釈をされ,ショウアップされ,神格化され,プロイセン国王をはじめ様々な政治勢力に利用され,ドイツ統一のシンボルにもなった.

学問の世界でも…,たとえばマックス・ウェーバーは,ルターに始まるプロテスタンティズムを「近代資本主義の精神」と持ち上げ…

ヘーゲルは,ルターの宗教改革運動がヨーロッパに近代のはじまりを告げる偉大な出来事,「自由精神の原理」とまで賞賛していた.

マルティン・ルターの何気ない「疑問」が,変革の時代の「趨勢」(大勢の感覚)にピッタシカンカンだったことは確かなのだが…

ようするに…
時代は,そして世界は,その変革期には,些細な切っ掛けで大きく変わる!ということなのだろう.

ところで…
ワシは元旦の夕食に,鯨肉を食べた.
鯨肉は…,抗生物質,成長ホルモン,ワクチン漬けの豚肉や牛肉と違って,無薬かつ天然の最高級の肉だ.

それをサシミで食う元旦! そしたら2日のきょう,ワシの上半身には元気!下半身には精気がミナぎっちゃって…,たまらない!

いまから,庭で舞い飛ぶ蜜蜂たちにエサ(西洋蜜蜂の蜂蜜)をヤッてから,5キロほど駆けてきます!
飯山 一郎 (71)


今日の晩御飯は
サムゲタンです。
頂きものです。
作ったわけではございません。

参鶏湯とかいて
サムゲタンと読みます。

グルメのぐの字も知らない
どいなかのおばはん風にいうと
「鳥の丸煮」ですwww

お腹にはもち米が入ってます。

高麗ニンジンやニンニクや
そのたもろもろの「薬草」で煮て
ちょー薄味です。

でもコクがあって、
天然塩をちょびちょびつけて食べると
汗がだらだらに出てきます。

薬効かな?

コラーゲンもたっぷりで
お肌がぷるぷるです。

日本のじゃなくて
韓国の安全?な鳥なので
まったく臭みがありません。

日本の養鶏ももうちょっと
抗生物質まみれをやめればいいのにね。
スーパーの鶏肉は
臭くてくえたもんじゃないぜ。
というか、あれは食い物なのか?

というわけで、
映像で「参鶏湯」をお楽しみください。

こんなかんじです。






なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか