FC2ブログ

自家製バニラエッセンス バニラエクストラクト


  

市販のバニラエッセンスは
化学合成された「薬物」です。

市販の化粧品の「臭い」で
頭が痛くなるのと同じで
合成された「薬物の臭い」のついた
スイーツなんて、味覚と臭覚がおかしくなります。

その積み重ねで
発酵しているのか腐敗しているのかわからないなんて
人間だけじゃないかな?

現代人の「胃と腸」は、薬物廃棄場なのか?
農薬と添加物と遺伝子組み換えをぐりぐり混ぜた固まりは
「食品」なのか?それが胃と腸にはいったら、常在菌も減るよね?

考えれば考えるほど、バカバカしいよね。
キモチワルイよね。


ウォッカ100mlにバニラビーンズ1本を包丁で割って
放り込んで3カ月待つだけで
手つくりのバニラエッセンスが出来ます。

天然ですから、薬物とは全然違う香りです。

子供に小さい頃から「薬物」を「お菓子」として食わせなくても
安くておいしいお菓子が、フライパンで出来ます。

これで日本蜜蜂を飼って
蜂蜜採ってかければ完璧ですwww

上手く捕獲できれば、
高級な日本蜜蜂の蜂蜜が
タダだぜ?www





とりあえず、世界中でミツバチを殺す
農薬ネオニコチノイドを「安全だから撒け!」と言っている
頭のおかしな集団は
「テロリスト」だよ。

ミツバチが全滅したら
植物は受粉できなくなって
人類は死ぬんだよ。

これにピンとこない司法が脳死してんだけどね。

天然の蜂蜜を当たり前に食べられている国と違い
日本は何もかもが狂ってたんだよ。

プーチンも天然の蜂蜜が大好きだよ。

遺伝子組み換え、ワクチンを警告する蜂蜜大好きなプーチン

Putin: Human Evolution Under Threat By Big Pharma, GMO, Vaccines

The Western government-controlled people are an "intensively vaccinated borderline autistic fat man slumped in front of a screen battling a high-fructose corn syrup comedown", claims Putin who says that Russians "must be protected ... at all costs".

Putin Says That Russia Rejects Western GMO, Big Pharma, Vaccines

A report prepared by the Security Council (SCRF) circulating in the Kremlin today states that President Putin has issued orders that his people must be protected from GMO “food” and Western pharmaceuticals “at all costs.”

The report says that President Putin believes the next stage of human evolution is currently in “grave risk” and that Western and global powers are “intentionally decelerating the process for their personal gain.”

“We as a species have the choice to continue to develop our bodies and brains in a healthy upward trajectory, or we can follow the Western example of recent decades and intentionally poison our population with genetically altered food, pharmaceuticals, vaccinations, and fast food that should be classified as a dangerous, addictive drug.”

“We must fight this.  A physically and intellectually disabled population is not in our interests,” the report states.

Describing the average government-controlled Westerner as an “intensively vaccinated borderline autistic fat man slumped in front of a screen battling a high-fructose corn syrup comedown,” the report states that such tactics used by governments to subjugate their citizens are not only “dark/evil” but “counter-productive in the medium to long term.”

Russia under President Putin has been giving away land for free in the past few years to people willing to farm organically and sustainably.  The goal is to become the world’s “leading exporter” of non-GMO foods that are based on “ecologically clean” production.

The Security Council report comes just months after the Kremlin announced a stop to the production of all GMO-containing foods, which was seen by the international community as a major step in the fight against multinationals like Monsanto.  Russia continues to lead the way in the realm of natural, organic farming.



https://yournewswire.com/putin-human-evolution-under-threat-by-big-pharma-gmo-vaccines/



テーマ:
プーチン:人類の進化が巨大製薬企業、GMO、ワクチンによって危機に瀕している
Putin: Human Evolution Under Threat By Big Pharma, GMO, Vaccines
1月9日【Your News Wire】http://yournewswire.com/putin-human-evolution-under-threat-by-big-pharma-gmo-vaccines/ より翻訳


西側政府がコントロールしている人々は、「集中的にワクチンを受けて自閉症の境界線にあり、コーンシロップの効き目が切れた状態でテレビ画面の前に倒れこんでいる肥満の人間」であり、ロシア国民は「どのような手段をもってしても、守らなければならない」とプーチンが主張。

ロシア連邦安全保障会議(SCRF)が作成した報告書が、今日、ロシア政府内に回覧されている。その報告書には、GMO「食品」および西側の医薬品から、ロシア国民をどのような手段を取っても守らないといけない、とう内容の命令をプーチン大統領が下したと記されている。

プーチン大統領は、人間の進化の次のステージは現在、「深刻な危機」に直面しており、西側・世界的権力者は「自分たちの個人的利益のために、人間の進化のプロセスを意図的に遅らせている」と発言したと同報告書は記している。



「人類としての私たちには、選択肢があります。

私たちの身体と頭脳を健康的で上昇する軌道で発達させ続けることもできますし、
あるいはここ数十年の西側のお手本に従って、本来ならば危険物、あるいは中毒性のある麻薬として分類されるべきの遺伝子組み換え食品や医薬品、ワクチンやファストフードなどで、人々を意図的に毒漬けにすることも選択肢の一つです」

「私たちはこのようなものと闘う必要があります。肉体的そして知性的に障害のある人々は、私たちの関心にはありません」


政府が管理する西側の平均的な人間は、「集中的にワクチンを受けた自閉症とのボーダーラインの肥満体で、画面の前で異性化糖(コーンシロップ)の効き目が切れ目の症状と戦っている人間」であると報告書は描写し、政府によって国民を意のままに操ることを目的に行われているこのような戦略は、「ダーク/邪悪」なだけではなく、「中期的・長期的視点から考えると非生産的」であるとしている。

プーチン政権下のロシアでは、オーガニックに、あるいは持続可能な形式で農業を営みたいという国民に対し、ここ数年間は無料で土地を供与している。ロシアの目標は、「エコロジーの面でクリーンな」生産に基づいた、GMO(遺伝子組み換え食品)ではない食料品の世界「有数の輸出国」となることである。

このロシア連邦安全保障会議の報告書は、ロシア政府がGMOを含む食品の生産を停止することを発表したわずか数ヵ月後に出されたもので、ロシアのGMOに対する動きは国際社会からモンサントのような多国籍企業に対する戦いの中でも大きな一歩と受け入れられた。
ロシアは自然でオーガニックな農業の分野で、リーダー的な道を進み続ける。

(翻訳終了)

https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12121577042.html


あなたはなぜ裸なんだ!? 半裸で夏休みを満喫するプーチン大統領に三田アナも困惑

2017年08月07日 (月)

今月5日に公開されたある人物の夏休みを映したプライベート映像。その人物とは、17年にわたりロシアのトップに君臨するプーチン大統領(64)。



~中略~

64歳で公務をこなしながら肉体を保ち、戦闘機にも乗ってしまう最強男・プーチン大統領。こうなると気になるのは日々の健康法です。



倉田「2013年にメディアの取材に対し、“薬も病院も嫌いだ”と言っていたプーチン大統領。
その健康法の一つ目は筋力トレーニング。大統領府に設置されたトレーニングジムで毎日朝食後、トレーニングに励んでいるそうです。そして二つ目は大好物のはちみつ! 朝食はもちろん、紅茶にも入れてたくさん摂取しているそうです。はちみつ大好きということは“プーチン”ではなく、もう“プーさん”みたいな!!」

ハマカーン浜谷「プーさんですね!“筋肉ムキムキ”で“はちみつ大好き”・・・クマですよね、ホントに(笑)」

http://blog.fujitv.co.jp/goody/E20170807002.html

ロシアの大統領は
化学物質、遺伝子組み換え、
ワクチン、既存の西洋医学の
危険性を警告し続け
本物の天然の蜂蜜を推奨してきた。

本物の蜂蜜には
一体全体、どんな「秘密」が
隠されているのだろう?

そして、ハチ毒でガンの特効薬まで
ロシアでは開発されている。

蜂・・・

日本では本物の蜂蜜は
ほとんど売られていない。

砂糖や抗生物質や抗菌剤などで
完全「防腐処理」されている。

天然の蜂蜜には
莫大な量の「乳酸菌」がいて
発酵しているから
菌を殺菌してからでないと
膨張してビンが割れるのだ。

養殖の蜂には抗生物質がかけられ
もともとハチの巣は汚染されていて
乳酸菌がほとんどおらず
耐性菌が繁殖しやすかったり。


天然の蜂蜜の効能が
日本中の一般庶民に知れ渡ると
そりゃ、多くの企業が
お困りになる事でしょう。



日本蜜蜂ブームで
「ふるさと納税返礼品」にも
日本蜜蜂の蜂蜜は沢山でている。

あぁ。。。
色々な事が
ばれちゃったね!w


清楚で可憐な18歳まで
日本蜜蜂と
オオスズメバチを
追い掛け回してたし(爆w)


みんなも、日本蜜蜂を
飼ってみよう!!!

かわいいよ!!!w



大統領夫人ミッシェルオバマも
首相夫人安倍昭恵も
何故自分で「蜂」を飼っていたのか?!

大きな「秘蜜」があるからだ。

プーチンと蜂蜜


大統領のお土産蜂蜜というくらい

ロシアでは蜂蜜が暮らしに活きていますが

日本では本物の蜂蜜がほとんどない

偽物ばかりです!


と、ロシア人の美少女もいっております。
だから、ロシアの本物の蜂蜜を日本で売りたい!と。

すばらしいですね!
美味しそうです。

どんだけ日本の「食品」は偽装品ばかりなんでしょうか?!


だがしかーーーし!

日本には「日本蜜蜂」のすばらしい蜂蜜が

存在しているのです!



これが証拠です!!!






え、もたもたすぎる?www
まあ、初めてだったし仕方ないwww

この採れたての巣を
そのまま食べてみ。
びっくりするで、その味と香りに。

日本蜜蜂を
君も飼ってみよう!!!




あなたはなぜ裸なんだ!? 半裸で夏休みを満喫するプーチン大統領に三田アナも困惑

2017年08月07日 (月)

今月5日に公開されたある人物の夏休みを映したプライベート映像。その人物とは、17年にわたりロシアのトップに君臨するプーチン大統領(64)。



~中略~

64歳で公務をこなしながら肉体を保ち、戦闘機にも乗ってしまう最強男・プーチン大統領。こうなると気になるのは日々の健康法です。



倉田「2013年にメディアの取材に対し、“薬も病院も嫌いだ”と言っていたプーチン大統領。
その健康法の一つ目は筋力トレーニング。大統領府に設置されたトレーニングジムで毎日朝食後、トレーニングに励んでいるそうです。そして二つ目は大好物のはちみつ! 朝食はもちろん、紅茶にも入れてたくさん摂取しているそうです。はちみつ大好きということは“プーチン”ではなく、もう“プーさん”みたいな!!」

ハマカーン浜谷「プーさんですね!“筋肉ムキムキ”で“はちみつ大好き”・・・クマですよね、ホントに(笑)」

http://blog.fujitv.co.jp/goody/E20170807002.html

日本蜜蜂と発泡スチロール

流れ
平成30/07/19(木)  江戸時代:「鬼の霍乱」とは熱中症のこと
人間は突然体調を崩す
こ~なっちゃう笑っちゃいけません
Hachimitu2ro
急性心不全と急性呼吸不全、肺炎のため入院したお笑いコンビ・東京ダイナマイトのハチミツ二郎(43)が17日夜、自身のSNSを更新。病室での姿を公開し、「病院行かずに新幹線に乗ってたら死んでたそうです」と報告した。

ハチミツは16日に大阪市のなんばグランド花月(NGK)での公演中に体調不良を訴え病院に搬送され、大阪市内の病院に入院した。

「40度の高熱で三日間仕事してたら肺炎→急性心不全に。NGKからタクシーでひとりで病院へ。救急治療室で、死ぬかもしれないと東京から家族とマネージャーも呼ばれましたが、嫁と子供が着いた頃には奇跡的に正常値近くまで戻ってました。

NGKから病院行かずに新幹線に乗ってたら死んでたそうです」と一時は命の危険もあったことを明かした。 (記事)
猛暑が始まってから病院に搬送された人が,全国で1万人を越したという.「命に関わる危険な猛暑が続いています!」とテレビも連呼している.

ワシは連日,南国の炎天下で汗みどろになって農作業や土方をしているが…,「鬼の霍乱(かくらん)」になりそうな気配はないwww

江戸時代は,夏に起こる激しい吐き気や下痢を伴う急性の病気のことを「鬼の霍乱」と言った. いつもは健康な人を強くて丈夫な人を「鬼」,珍しく病気になることを「霍乱(急性かつ苦しむ病気)」にたとえ,「鬼の霍乱」というようになった.

「攪乱」とは,元々は漢方医学用語で,日射病や食中毒のこと.

いずれにしても,人間は,暑さには弱い.
だっから,世界人口のほとんどは緯度が高い寒冷地に住んでいる(という説もあるww).

人間が暑さに弱いのは…,体温調節が汗腺から出る汗の気化熱=蒸発熱に頼っているからだ.

日本列島の夏は異常な高温・高湿度になり,汗が中々蒸発しない.冷房の効いた部屋では,逆に汗の気化熱を奪われ過ぎて,これまた体温調節が不調になり,熱中症になりやすい.

とにかく,今夏の猛暑は要注意だ.
(ワシは,炎天下で土方!の逆療法でいくが…www)
健康を維持する心構えとして…
日本一の治療師・今村光臣師の珠玉の文章を…
下に引用するので,どうか熟読して実践に役立てて欲しい.
健康への道』   指圧・針灸師・今村光臣
世の中に出回っている健康情報にはまともなものはいっさいない。
そのほとんどは裏にビジネスへの誘導が洗脳的に仕組まれたバイアス情報に過ぎない。
誰かがその情報でカネモウケを企んでいるのだ。
つまりぜんぶ意味のない寝言。

ひとのからだというものはひとりひとりすべてちがう。
そのひとりひとりちがうからだに、だれかに効いた健康法がすべて当てはまるわけがない。
そしてひとりひとりちがうからだは一瞬、一瞬でまた変わっていく。

ある健康法が一時的に効いてもそれはあくまで一時的な限定的な現象であり、時間の経過と共にそれは効かなくなったり、かえって身体に害毒をもたらすこともある。

からだはひとりひとりちがうし、からだはつねに変わる。
だから健康を獲得する確実な方法など、じつは、永遠に確立できないのだ。

からだに対してできることと言えば、その場その時にできる最善の方法を探して、つねに試していくというそれに尽きる。
それはひとことで言えば
体に手を入れる、体をケアする、ということ。
健康への道はそれしかない。

世の中には一瞬で痛みが消えるとか、万病を予防するなんて誇大妄想なキャッチフレーズが溢れているが、一瞬で消えた痛みは、またある時に一瞬で再発するし、万病を予防する方法などあるわけがないということくらいは素人でもわかるだろう。

コツコツと地道に体と向き合う。
実際はそれだけが健康になる唯一の道なのだ。
(原典)
上の文章に,ひとつだけ反論すれば…
日本蜜蜂のハチミツは,万病を予防する!

そ~だよね?!>ハチミツ二郎さん

え? なに! 日本蜜蜂のハチミツを食べてなかった!って?
それじゃ駄目じゃん.
ハチミツ二郎君は,考え方・生き方が,ほんと,甘いね~

ワシは,毎日,ハチミツだけは,舐めてるぞ!
飯山 一郎 (72)




市議会でも話題の日本蜜蜂ですが

なんと、ふるさと納税の返礼品では
日本蜜蜂の商品が「地方創世の売り」として
すでに大人気なのです。

まあ、中央の更生しろよ省とか
脳たりん水産省とか
薬物と外来種の蜂に延々と
まみれてろ、ってかんじ。

インチキ消費者だまし庁みたいに
丸ごと地方に島流しにあえばいいwww

日本蜜蜂と子宮頸がんワクチン

流れ
平成30/07/09(月) 東京・日野市に女傑あり.姓名は池田利恵.
市議というより社会運動家
日本蜜蜂で地域振興!と名講義の如き質問




上の動画(飯山一郎が短く編集)のURLは,https://youtu.be/7POBU2pz4ug
池田としえ(利恵)」と言えば,日野市の市会議員というより…
長年,子宮頸がんワクチンの危険性を訴え続けてきて…
現在は,「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会事務局長」という要職にある.

「要職」というのは,文字どおり必要不可欠な役目のことで…
彼女の運動によって子宮頸がんワクチンの危険性を知り,その殺人ワクチンの接種を避けたので命びろいをした人々が,おそらく何千人もいた! これまさに「要職」であろう.

その池田利恵氏が,今回は日野市の市議として市議会の壇上に立ち,日本蜜蜂による地域振興策を高らかにブチまくったのである.

日本蜜蜂の自然環境的,国家社会的な貢献度,さらには蜜蜂が人類にとって必要不可欠であることを正当に評価する池田利恵氏の弁舌は,爽やかであり,感動的でもあった.

のみならず,蜜蜂や人間の脳神経機能を致命的に狂わせるネオニコチノイド系農薬の危険性!

そして,日本蜜蜂がつくる蜂蜜の安全性,希少性,貴重性を余すところなく語り尽してくれたのである.

また質問には「志布志市」の名前も出して頂き,有り難いです.

日野市議会議員・池田としえ(利恵)氏の一般質問は,議員の弁舌は,やはり,こ~あるべきだ! モリだのカケだの,ロクでもない難癖ではなく,ワクワクするような提言を行っていくべきだ!というお手本のような議員活動である.

ワシが電話で話した感想は…,池田としえ(利恵)氏は女傑であり,人間としても傑物である!

なお上の動画は,日本蜜蜂の部分だけを飯山一郎が短く編集してユーチューブにアップしたものです.
ご視聴のほど,宜しくお願い致します!>皆の衆
飯山 一郎 (72)


日野市というのは
東京にありながら
田舎なのです!

東京JR中央線の立川を超えたあたりから・・・
ここは東京かよ?!てなくらい
田舎なのであります!

しかしながら、東京のベッドタウンとして
良い感じに田舎で自然が豊かで
飲食店なんかも
ハイクオリティーなのです!

なんでこんなにこだわってんの?!てなくらい
こだわりまくっている飲食店が点在している
グルメタウンでもあります。

庭には趣味の盆栽を飾りまくり
店内はアンティークで埋め尽くされ
そばは自分で打ち
豆腐はにがりから作る。

そんな「隠れ家」が沢山ありました。

多摩川の河川があり、水も豊かです。
豊かな水を流しっぱなしのトマト農場もあります。
そして東京なのに半開放型サファリパーク
「多摩動物公園」もあるのです!

多摩動物公園はその名称から「多摩市」だと思われていますが
「日野市の動物園」です。

でも、日野市!!!!!!!!!という名称は
地味・・・(爆w)

山と川に囲まれた空気のきれいな「日野市」で日本蜜蜂を飼ったら
これは確実に増えるぞ!というような環境でした。

そんな日野市に是非!
ぎのごちゃんも、緊急提言をしたいと思います!

田舎なので、車が少なく道が広い!

そんな日野市に、
ぜひ、
サンシェード付きミニセグクーラーボックス
じじばばに配り、観光客にも貸し出して
「ミニセグ特区!」にして
広い日野市の点在する観光スポットを
自由自裁に動き回っていただいたら
とっても楽しくなると思うのです!!!

日本蜜蜂ミツバチマップを作り、スタンプラリーをやってもらって
ミニセグロードマップも作り
クーポン券なんかもつけちゃえば
これけっこう大うけすると思うのです!

マップにはお薦めのグルメスポットも掲載!

え?かね?

ミニセグとクーラーボックスは3万円あればできます!
中国のサンシェードは100個単位で買えば500円です!

ぜひ、サンシェードを買って原チャリや自転車にも
推奨すればいいと思うのです!

え、国交省がうるさい?!

後ろからけりあげろよ。

もとい
動画をみれば、安全性はわかるし、
筑波だけに「セグウェイ特区」は
独禁法いはんだ!!!とか言えばいいんぢゃぁ・・・


などと、とっても妄想して遊んでいるぎのごちゃんです。

人間は想像した物は具現化する超能力があるのだ。
それが唯一哺乳類さる科人間の
取り柄なのだwww


妄想は、夢がある方がたのしいね!w



なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか